秋冬期温暖化に対応した一番茶安定生産技術と病害虫防除法の確立

秋冬期温暖化に対応した一番茶安定生産技術と病害虫防除法の確立

県名宮崎県
研究機関名宮崎県総合農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H18〜21
年度2009
概要目的:秋冬期の温暖化に対応した病害虫防除技術を確立する。、成果:黄色ナトリウムランプを点灯するとコカクモンハマキ、チャハマキ、チャノホソガを抑制でき、チャノミドリヒメヨコバイとチャノキイロアザミウマは効果がない。、また、スプリンクラーで間断散水すればカンザワハダニを防除できる。、
研究分担茶業支場
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030161721
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat