スギ人工林の混交林への誘導技術に関する研究

スギ人工林の混交林への誘導技術に関する研究

県名宮崎県
研究機関名宮崎県林業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H19〜23
年度2009
概要目的:スギ林の立地条件、生育状況、下層植生等の特性を考慮した混交林への誘導技術を開発する。成果:(1)間伐後の光環境の改善により30%及び50%間伐区においてアラカシ、タブノキ等の照葉樹林の林冠を形成する樹種の侵入が見られた。(2)間伐後(H19年間伐)に植生の侵入が見られるものの、土砂の流出量は、50%間伐区で最も大きかった。
研究分担育林環境部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030161803
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat