サトウキビの機械化体系を基にした低コスト多回多収生産技術確立

サトウキビの機械化体系を基にした低コスト多回多収生産技術確立

県名鹿児島県
研究機関名鹿児島県農業開発総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H19〜23
年度2009
概要株出し管理作業の未実施等や有機物不足に起因した地力低下により減少しているサトウキビ収量の維持・増加のため,収穫残さの多い新たな新高収量系統の適応性も検討しながら,ハーベスタ収穫による梢頭部などの収穫残さを活用する処理体系と機械利用による追肥・株出管理作業とを組み合わせた持続的な多回多収生産技術を確立する
研究分担熊毛支場
予算区分受託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030161903
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat