国産材活用中国向け低コスト木造住宅部材の技術開発、?(木質系材料を用いた新工法の構造特性に関する研究)

国産材活用中国向け低コスト木造住宅部材の技術開発、?(木質系材料を用いた新工法の構造特性に関する研究)

県名鹿児島県
研究機関名鹿児島県工業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H19〜21
年度2009
概要[目的]、 国産材を多用した低コストで生産効率の高い木造住宅部材を開発することを目的とする。、、[研究内容]、・広葉樹ダボの材質評価及び品質管理手法の開発、・広葉樹ダボの強度性能把握及び非破壊評価手法の検討、・広葉樹ダボの材質評価及び品質管理手法の開発、・スギ材を使ったエレメントの部材化に関する研究、・床,壁,屋根エレメントの強度性能評価、・RH工法新システムの開発、・200mm断面RH工法の接合強度性能評価 、、[得られた効果]、 (1) 床,屋根,壁エレメントの強度性能評価、 スギ集成材による長さ3m,幅3mの床および屋根構面に,床エレメント,屋根エレメントならびに壁エレメントを取り付けた水平構面及び耐力壁の面内せん断試験を実施した。得られた荷重−変形角関係の終局側の包絡線から,完全弾塑性モデルによる評価方法で降伏耐力,終局耐力,構造特性係数などを明らかにした。また,この各耐力値から短期基準せん断耐力を明らかにした。、(2) 200mm断面RH工法の開発とその接合強度性能、 スギ集成材を用いた200mm角柱と150mm×300mm断面梁を,直径30mm,長さ500mmのイチイガシダボ4本および2液型エポキシ樹脂接着剤により接合した長さ3m,幅3mの門形フレーム試験体の水平加力試験を実施し,降伏耐力,終局耐力ならびに剛性等を明らかにした。また,この各耐力値から短期基準せん断耐力を明らかにした。
研究分担木材工業部
予算区分受託(財団法人日本木材総合情報センター)
業績(1)木ダボ及び接着剤を用いたスギ集成材接合部の強度性能
(2)木ダボ接着接合による門形フレームの水平加力試験
(3)木質系材料を用いた新工法の構造特性に関する研究
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030162020
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat