交信攪乱技術等を活用したサトウキビの安定生産技術の開発

交信攪乱技術等を活用したサトウキビの安定生産技術の開発

県名沖縄県
研究機関名沖縄県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継、H18?22
年度2009
概要・性フェロモンを利用したクシコメツキ類防除技術の開発、 (南大東島におけるオキナワカンシャクシコメツキの交信かく乱法による防除)、 (宮古島におけるサキシマカンシャクシコメツキの交信かく乱法による防除)、 (イネヨトウの交信かく乱法による防除)、・土壌害虫の生態解明と防除技術の開発 、 (交信かく乱法によるケブカアカチャコガネの防除)、・土着天敵を利用した害虫防除技術の開発、 (寄生蜂を利用したサトウキビ害虫の防除に関する研究)
研究分担病虫管理技術開発班
予算区分指定
業績(1)Environmental and pheromonal control of precopulatory behavior for synchronized mating in the white grub beetle, Dasylepida ishigakiensis (Coleoptera: Scarabaeidae)
(2)Identification of (R)-2-butanol as a sex attractant pheromone of the white grub beetle, Dasylepida ishigakiensis (Coleoptera: Scarabaeidae), a serious sugarcane pest in the Miyako Islands of Japan
(3)Efficient bait for sampling the wireworm Melanotus okinawensis (Coleoptera: Elateridae) in a sugarcane field
(4)Camphor: an attractant for the cupreous polished chafer, Protaetia pryeri pryeri (Janson) (Coleoptera: Scarabaeidae)
(5)Formulation of highly volatile pheromone of the white grub beetle Dasylepida ishigakiensis (Coleoptera: Scarabaeidae) to develop monitoring traps
(6)ケブカアカチャコガネの交信かく乱法による防除技術開発
(7)イネヨトウの合成性フェロモン剤による交信撹乱法による防除効果
(8)ケブカアカチャコガネの性フェロモンの開発
(9)砕土によるサトウキビ害虫ケブカアカチャコガネ幼虫の物理的防除
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030162054
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat