a 森林生物の生命現象の解明

a 森林生物の生命現象の解明

課題番号2010015031
研究機関名森林総合研究所
研究期間2006-2010
年度2010
大課題(ア)新素材開発に向けた森林生物資源の機能解明
中課題a 森林生物の生命現象の解明
小課題a 森林生物の生命現象の解明
大項目1 研究の推進
中項目(1)重点研究領域
摘要<研究内容>森林生物のゲノム情報の充実を図るため、樹木の心材形成機構解明に必要なスギの心材形成に関わる遺伝子の機能を解明する。また、スギの雄性不稔候補遺伝子の機能の解明、遺伝子組換え樹木の実用化に必須なポプラの不稔化誘導技術の開発、ジベレリン合成酵素遺伝子を導入した組換えポプラの特性解明等、樹木の成長制御機構の解明を通して、遺伝子の機能解明を進める。さらに、森林植物の遺伝的多様性維持機構を解明するため、ミズナラ等の集団の遺伝的分化及び遺伝構造を明らかにし、遺伝子の多様性維持機構の解明を通して、樹木の生命現象の解明に資する。きのこ類の生理生態学的特性の解明のため、シイタケゲノムのアノテーションやマツタケ類の分子進化の解明を進め、きのこの子実体形成機構の解明等を通して、生物機能を活用した新技術の創出に資する。バイオプラスチック生産を目指し、白色腐朽菌が高分子リグニンを代謝する時に発現する遺伝子の濃縮とクローニングを行う。また、Dieldrin分解菌群、Heptachlor分解菌群からの微生物の単離及び種の同定により、芳香族塩素化合物等の環境汚染物質分解菌の検索を進め、有用微生物の特性解明に資する。<成果の概要と活用>スギの心材形成に関わる遺伝子や雄性不稔候補遺伝子の機能の解明、ポプラの不稔化誘導技術の開発、ジベレリン合成酵素を導入した組換えポプラの生育特性の解明による樹木の成長制御技術の開発、ミズナラ集団の遺伝構造の解明等、年度計画を予想以上に進めることができた。その他にも、当初予定していなかったサクラ栽培品種のDNA識別法の開発と関連した特許出願を達成し、学術界からも高い評価を受けている。また、シイタケのゲノムデータベースの充実を図り、子実体形成期に発現している341種の遺伝子等を新たに特定した。また、グリーンプラスチック生産に結びつく白色腐朽菌のバニリン酸分解に関与する酵素遺伝子として、Phanerochaete chrysosporium Sp-K3菌株のヒドロキシアントラニル酸3,4ジオキシゲナーゼに相同な酵素遺伝子の単離や難分解性有機塩素農薬を分解し環境浄化に役立つHeptachlor分解菌群、DDT分解菌の収集等、新規性の高い成果を得ることができた。これらの成果は、遅滞なく学術雑誌や学会等で発表するとともに、プレスリリースや所の広報誌「季刊森林総研」等で分かりやすく解説し、研究成果の普及に努めた。
研究分担(独)森林総合研究所,研究コーディネータ
予算区分イノベーション創出事業 委託・先端技術[光応答プロ] 技会・その他 林野庁交付金 林野庁・その他 文科省[科研費] 経産省・その他 その他
業績(1)Expanded home range of pollinator birds facilitated greater pollen flow of Camellia japonica in a forest heavily damaged by volcanic activities
(2)Identification of the glutathion S-transferase gene involved in the stereospecific cleavage of b-aryl ether in Sphingobium sp.strain SYK-6(Sphingobium sp.SYK-6株における立体選択的なβアリールエーテル結合開裂に関与するグルタチオンS-トランスフェラーゼ遺伝子の同定)
(3)Novel enzymatic activity of cell-free extract from thermophilic Geobacillus sp. SH2B-J2 catalyzes reductive cleavage of diaryl ether bonds of 2,7-dichlorodibenzo-p-dioxin. (ダイオキシンのエーテル結合を還元的に切断する高熱性細菌Geobacillusの無細胞抽出液中の酵素活性)
(4)Novel Enzymatic Activity of Cell-Free Extract from Thermophilic Geobacillus sp UZO 3 Catalyzes Reductive Cleavage of Diaryl Ether Bonds of 2,7-Dichlorodibenzo-p-Dioxin (ダイオキシンのジアリルエーテル結合を還元的に切断する高熱性細菌Geobacillus sp. UZO3の無細胞系における新しい酵素活性)
(5)Pleurotus in Japan(日本産ヒラタケ属)
(6)遺伝的隔離、遺伝的障壁、空間的隔離、遺伝的多様性、隔離、環境的隔離、機会的固定、島模型、集団分化指数
(7)マツタケの担子菌綱特異的DNAマーカーmegB1はSINEに由来する
(8)Identification of a cryptochrome gene homolog in the basidiomycetous mushroom Lentinula edodes.(シイタケのクリプトクロム遺伝子の識別)
(9)スギ雄花形成の機構解明と抑制技術
(10)Whole protein analysis by 2-D PAGE during fruiting body formation in Lentinula edodes.(シイタケの子実体形成時における2-D PAGEによる全タンパクの解析)
(11)シイタケ子実体形成過程における発現タンパク質の解析
(12)Targeted disruption of the gene encoding a white collar-2 homolog in the basidiomycete mushroom Coprinopsis cinerea.(担子菌きのこネナガノヒトヨタケにおけるwhite collor-2をコードする遺伝子破壊)
(13)担子菌ウシグソヒトヨタケにおける遺伝子ターゲティングの実現
(14)次世代シーケンサーによるシイタケのゲノム解析とそこから見えること.
(15)担子菌ヒラタケの子実体形成過程における重力応答遺伝子群の解析
(16)Gravity-responsive genes in mushroom formation of the basidiomycete Pleurotus ostreatus.(担子菌ヒラタケのきのこ形成における重力応答遺伝子群)
(17)DNAから見た森林
(18)イオン液体前処理セルロースの結晶構造および酵素加水分解特性の解析
(19)樹木プロトプラストが生産するカロースファイバー形成機構解明:繊維形成部位の微細構造の観察−単一細胞TEM、新規蛍光染色法LCSM、GFP遺伝子導入
(20)Family45のエンドグルカナーゼ処理とボールミル同時処理で生成するセルロースナノファイバー その2
(21)Trichodermaセルラーゼのセルロースナノファイバー加水分解の動的挙動
(22)セルロースナノファイバー化に用いるエンドグルカナーゼの検討
(23)酵素を用いたセルロースナノファイバー製造条件の検討ーエンドグルカナーゼの影響についてー
(24)アルカリ蒸解したスギへの吸着酵素量が酵素糖化に及ぼす影響
(25)次世代シーケンサーによる白色腐朽菌Phanerochaete crassa WD1694菌のゲノム解析の試み
(26)Degradation of hexenuronosyl-xylotriose by the enzyme system of Paenibacillus sp. strain 07-G-dH. (パエニバチルス属07-G-dH株の酵素システムによるヘキセウロノシルキシロトリオースの分解)
(27)Assessment of Soil Microorganisms that Degrade DDT, Dieldrin, and Heptachlor(DDT、ディルドリン、ヘプタクロルを分解する土壌微生物の評価)
(28)Novel synthesis of region-specifically substituted p-nitrophenyl-b-D-cellobioside on glycon portion and the hydrolysis assay by CBHI(グリコン部位が位置特異的に置換されたp-nitrophenyl-b-D-cellobiosideの新規合成とCBHによる分解
(29)Overview of the biotechnology application to poplar breeding in FFPRI(FFPRIにおけるポプラ育種へのバイオテクノロジー適用の概略)
(30)Litter carbon inputs to the mineral soil of Japanese Brown forest soils:comparing estimates from the RothC model with estimates from MODIS(日本の褐色森林土における鉱質土壌へのリター供給:RothCモデルによる推定値とMODISによる推定値の比較)
(31)Mutation induction in Sugi cedar by ion beam irradiation and tissue culture of non-pollen trees(イオンビーム照射によるスギの変異誘導と無花粉個体の組織培養)
(32)絶滅危惧薬用樹ワダツミノキの組織培養
(33)クロマツプロトプラストからの植物体再生
(34)クロマツ不定胚形成細胞を用いたプロトプラスト培養
(35)クロマツのプロトプラスト培養による不定胚の形成とその発芽
(36)サクラ栽培品種におけるクローン性、系譜鑑定を目的としたDNAマーカーの利用
(37)希少樹種ヤツガタケトウヒ・ヒメバラモミが出現する群落組成について
(38)年輪から推定した西岳国有林におけるヤツガタケトウヒ林の成立過程
(39)Range-wide analysis of genetic diversity and structure in Japanese oak Quercus serrata using EST-SSR markers
(40)マイクロサテライトマーカーを用いた新潟県、石川県、青森県におけるヒバ育種母材のクローン識別および多様性の検証
(41)Genetic conservation of major timber trees in protected areas in Hokkaido, northern Japan
(42)樹木分類群及び産地識別におけるバーコード情報の可能性―ジンチョウゲ属の実例から−
(43)マイクロサテライトマーカーを用いた北海道のコナラ林における遺伝的多様性と集団分化の解析
(44)Estimation of outcrossing rates at small-scale flowering sites of the dwarf bamboo species, Sasa cernua.
(45)スギ花粉症対策のための森林科学の方向性
(46)酵素を用いたセルロースナノファイバー化
(47)酵素加水分解で生産されるセルロースナノファイバー
(48)酵素加水分解でつくるセルロースナノファイバー
(49)酵素加水分解でつくるセルロースナノファイバー
(50)広葉樹種苗配布の遺伝的ガイドライン
(51)きのこの子実体形成に関連する遺伝子を特定しました
(52)次世代シーケンサーによるシイタケゲノムの解読をしました
(53)Estimation of hybridization risk between transgenic and native birch species in Hokkaido, northern island of Japan (遺伝子組換えカバノキと北海道在来の近縁種の交雑リスクの推定)
(54)シイタケゲノムの解読とその利用
(55)森林の遺伝的多様性保全
(56)アジア産マツタケのDNA原産国判別法を開発しました。
(57)樹木の有用遺伝形質と連鎖するDNAマーカーの開発
(58)キノコの季節:おいしい話とまずい話
(59)サクラの開花ビジュアルマッピングと伝統的栽培品種のDNA識別
(60)アジア産マツタケのDNA原産国判別法
(61)アジア産マツタケのDNA原産国判別法
(62)きのこ栽培と農薬規制等の動きについて
(63)多摩森林科学園におけるサクラ増生病の発生傾向
(64)
(65)きのこの基礎GAPについて
(66)土壌水分と数種のフタバガキ科樹種の成長 −マレーシアサバ州におけるアグロフォレストリー試験の結果−
(67)研究領域紹介「きのこ・微生物研究領域」
(68)花粉症対策としての森林管理
(69)シイタケ品種のDNA判別法
(70)シイタケ子実体形成過程における発現タンパク質の解析
(71)ヒラタケ属きのこ”バイリング”の分類額的位置を明らかにしました。
(72)第二章 (独)森林総合研究所実施調査
(73)カバノキ属の交雑による遺伝子流出−遺伝子組換えカバノキは北海道のカンバ類と交雑するか?−
(74)日本産樹木DNAバーコーディングの現状(2008)
(75)Mating patterns in an indoor miniature Cryptomeria japonica seed orchard as revealed by microsatellite markers.
(76)Fine-scale spatial structure of genets and sexes in the dioecious plant Dioscorea japonica, which disperses by both bulbils and seeds.
(77)Genetic structure of island populations of Prunus lannesiana (Carr.) Wilson var. speciosa (Koidz.) Makino revealed by the chloroplast DNA, AFLP and nuclear SSR loci.
(78)A fast and cost-effective approach to develop and map EST-SSR markers: oak as a case study
(79)Bioinformatic analysis of ESTs collected by Sanger and pyrosequencing methods for a keystone forest tree species: oak
(80)Range shifts of Potentilla fruticosa on the Qinghai-Tibetan Plateau during glacial and interglacial periods revealed by chloroplast DNA sequence variation
(81)遺伝子組換え樹木と近縁な在来樹木との交雑性に関する研究(生物多様性影響評価に必要な科学的知見の集積−生物多様性影響評価のための手法開発(植物))
(82)An efficient method for developing SNP markers based on EST data combined with high resolution melting (HRM) analysis.
(83)シデコブシとタムシバの自然種間交雑個体の同定
(84)熱帯有用樹木種子の凍結保存
(85)光質の違いがオオシマザクラの種子発芽に及ぼす影響
(86)Molecular characterization of FLOWERING LOCUS T-like genes of apple (Malus x domestica Borkh.).リンゴFLOWERING LOCUS T様遺伝子の分子生物学的解析
(87)北海道樹木の名前15 ハウチワカエデ
(88)The effects of bamboo on the plantation(タケが人工林に及ぼす影響)
(89)The estimation of forest soil carbon accumulation rate by a slide cycle method(崩壊周期を用いた森林土壌炭素蓄積速度の推定)
(90)The effects of volcanic eruption on Chamaecyparis obtuse forests at Mt.Unzen in Japan(ヒノキ林への雲仙岳噴火の影響)
(91)The monitoring of land devastated a by volcanic eruption at Mount Unzen, Japan: a100 years plan(雲仙岳噴火による荒廃地のモニタリング)
(92)IGS1領域の塩基配列情報を用いた中国産シイタケの品種同定の試みについて
(93)森林生物のゲノム情報を活用した新たな研究展開
(94)荒漠地の緑化に役立つスーパー樹木とは?
(95)ユーカリ属及びカバノキ属の近縁種との交雑性に関する研究
(96)節解析によるスギ林木の成長過程の復元
(97)放射線は樹木にどのような影響を及ぼすのか明らかにしました
(98)オゾン耐性遺伝子組換えポプラは耐乾燥性や耐塩性を保持する
(99)エチレン合成を抑制した遺伝子組換えポプラの環境ストレス耐性
(100)オゾン耐性遺伝子組換えポプラは耐乾燥性や耐塩性を保持することを明らかにしました
(101)ポプラの環境ストレス応答性遺伝子を大規模解析しました
(102)ポプラから約20,000種類の遺伝子を収集しました
(103)スギ花成制御遺伝子の単離と機能解析
(104)スギのアレルゲン遺伝子の利用技術
(105)スギ花成制御遺伝子の単離と機能解析に成功しました
(106)スギの花粉や雄花由来の発現遺伝子を大規模収集し、多数のアレルゲン候補遺伝子を発見しました
(107)スギ遺伝子情報の大規模収集と公開
(108)樹木の花成制御技術の開発
(109)In vitro ectomycorrhizal specificity between the Asian red pine Pinus densiflora and Tricholoma matsutake and allied species from worldwide Pinaceae and Fagaceae forests (アジア産アカマツとマツタケ及び広葉樹由来のマツタケ近縁種間での菌根合成様式)
(110)An arginyl residue in rice UDP-arabinopyranose mutase is required for catalytic activity and autoglycosylation.(イネのUDP^アラビノピラノースムターゼのアルギニン残基は触媒活性と自己グリコシル化に必要である)
(111)Differentially expressed genes under simulated microgravity in fruiting bodies of the fungus Pleurotus ostreatus. (ヒラタケ子実体内において疑似微少重力下で異なる発現をする遺伝子群)
(112)酵素加水分解時の微結晶セルロースの表面変化
(113)Glyoxal oxidase supplies hydrogen peroxide at hyphal tips and on hyphal wall to manganese peroxidase of a white-rot fungus Phanerochaete crassa WD1694(白色腐朽菌Phanerochaete crassa WD1694のグリオキサールオキシダーゼは菌糸先端および菌糸細胞壁からマンガンペルオキシダーゼに過酸化水素を供給する)
(114)干支によせて ウサギの名のつく植物
(115)ポプラの成長を制御することに成功しました
(116)In vitro culture of various genotypes of male sterile Japanese cedar (Cryptomeria japonica D. Don)(様々な遺伝子型の雄性不稔スギの無菌培養)
(117)熱帯有用樹セドロのプロトプラスト培養
(118)Process to extinction and genetic structure of a threatened Japanese conifer species, Picea koyamae.(日本の絶滅危惧針葉樹ヤツガタケトウヒの絶滅過程と遺伝構造)
(119)Genetic diversity and structure of natural fragmented Chamaecyparis obtusa populations as revealed by microsatellite markers.
(120)北海道樹木の名前11 アサダ・ハシバミ
(121)地球の未来を切り開くGM樹木
(122)北海道樹木の名前10 アカシデ・サワシバ
(123)北海道樹木の名前9 ハンノキ
(124)北海道樹木の名前14 イタヤカエデII
(125)北海道樹木の名前13 イタヤカエデI
(126)心材成分生成および心材形成に伴う遺伝子の発現
(127)北海道樹木の名前12 オオモミジ
(128)植物の遺伝的多様性と交雑の問題
(129)北海道樹木の名前8 ウダイカンバとその他の希少カンバ類
(130)Ligularia virgaureaの遺伝変異
(131)遺伝子組換えによるスーパー樹木の開発
(132)四川省北部および甘粛省におけるLigularia virgaureaの多様性
(133)樹木の大量増殖技術
(134)貴重なヒノキ天然林の遺伝的特徴を明らかにしました
(135)貴重なヒノキ天然林の遺伝的特徴を評価する
(136)研究領域紹介「生物工学研究領域」
(137)希少樹種ユビソヤナギの遺伝構造と遺伝的多様性を明らかにしました
(138)ユビソヤナギ
(139)Progress of DNA barcoding on woody plants in Japan(日本における樹木DNAバーコーディングの進捗状況)
(140)系統関係を考慮した森林の生物多様性評価の試み
(141)Range-wide analysis of genetic diversity and structure in Japanese oak Quercus serrata using EST-SSR markers
(142)スダジイ稚樹集団の動態における繁殖過程の影響
(143)DNA Barcoding of Japanese Woody Plants(日本産木本植物のDNAバーコーディング)
(144)日本産樹木バーコーディングの進捗状況と概要
(145)日本産樹木DNAバーコーディング −2010年度 rbcLとmatK−
(146)Genetic structure and local adaptation of Japanese forest tree species
(147)ゲノミックセレクションが林木育種に変革をもたらすか?
(148)核SSRを用いた日本国内のアカマツ天然林の遺伝変異
(149)スギ天然林を利用した環境適応的遺伝子の検出
(150)スギ特別母樹林における遺伝的多様性の評価
(151)福島県内のスギ遺伝子保存林の遺伝的多様性と再造成方法の検討
(152)SNPマーカーを用いたスギ天然集団からの適応的遺伝子の検出
(153)オーストラリア全土に分布拡大したヒノキ科樹木Callitris columellaris の遺伝的分化 
(154)In silico screening of conserved orthologous sequences (COS) from Fagaceae ESTs resources
(155)Analysis of expressed sequence tags in maritime pine (Pinus pinaster Aiton)
(156)Bioinformatic analysis of Sanger and 454 ESTs in oak
(157)Transcriptome analysis of bud dormancy in sessile oak (Quercus petraea (Matt.) Liebl.) by 454 pyrosequencing
(158)ヨーロッパナラのEST解析
(159)ヨーロッパナラの冬芽における遺伝子発現の変化
(160)SNP解析によるスギ精英樹集団の遺伝的特徴
(161)SNPアレイによるスギ高密度連鎖地図の構築とその情報を利用した核遺伝子型雄性不稔遺伝子近傍マーカーの探索
(162)スギのゲノムワイドアソシエーション解析に向けたSNPの収集
(163)SNPアレイを用いて構築されたスギ高密度連鎖地図の情報に基づく核遺伝子型雄性不稔遺伝子近傍マーカーの探索
(164)スギの分子育種に向けた遺伝情報の収集−精英樹資源の評価からアソシエーション解析まで−
(165)SNPアレイを用いて構築されたスギ高密度連鎖地図の情報に基づく核遺伝子型雄性不稔遺伝子近傍マーカーの探索
(166)ケショウヤナギにおける集団サイズ減少の人口学的・遺伝学的影響
(167)研究室訪問シリーズ(10)森林総合研究所・生態遺伝研究室
(168)ケショウヤナギの系統地理:隔離された南限集団の由来
(169)雌雄異株のタチヤナギにおける両性変異家系の性表現と近交弱勢
(170)雌雄異株のタチヤナギにおける両性変異家系の性表現と近交弱勢
(171)琉球列島におけるアコウの遺伝的多様性
(172)絶滅危惧種ユビソヤナギは雑種由来か?
(173)都市環境における樹木のストレス耐性
(174)オオヤマレンゲ(Magnolia sieboldii)の系統地理-亜種間で浸透性交雑はあったのか-
(175)シデコブシ集団の存続に集団のサイズと隔離が及ぼす影響
(176)シデコブシとタムシバの一方向的な遺伝子浸透
(177)タムシバ(Magnolia salicifolia)集団の遺伝的多様性と遺伝的構造
(178)DNAバーコーディングを用いた植食動物の食性解析‐広範な植物種で効率的に増幅するプライマーの開発‐
(179)モミ天然林における遺伝的構造の解明−西南日本における逃避地仮説の検証−
(180)絶滅危惧樹木シデコブシの集団サイズと集団間遺伝子流動の関係
(181)愛知県瀬戸市海上の森のシデコブシとタムシバの自然種間交雑
(182)準絶滅危惧種シデコブシの現状と今後
(183)ブナの核発現遺伝子における塩基配列を用いた集団遺伝学的解析
(184)オオシマザクラの不定胚形成と植物体の再生
(185)絶滅危惧種ヒメバラモミの不定胚形成
(186)不定胚形成によるヤツガタケトウヒの個体再生
(187)希少樹種クロビイタヤの生育地断片化が遺伝子流動に与える影響を明らかにしました
(188)オオシマザクラとエドヒガンにおける光質による種子発芽の違い
(189)Acacia amplicepsのAOX2遺伝子はストレスによって発現誘導される
(190)スギ移行材で11月に発現している遺伝子群の解析
(191)Genes expressed in the transition zone of Cryptomeria japonica in the dormant season when heartwood is formed.(心材が形成される休眠期にスギの移行材で発現している遺伝子)
(192)心材形成機構の解明に向けて−遺伝子解析からのアプローチ−
(193)The genes for gibberellin biosynthesis and deactivation in Lombardy poplar.セイヨウハコヤナギのジベレリン生合成酵素遺伝子及び不活性化遺伝子
(194)イネ細胞壁のL-アラビノフラノース残基は、植物の生長と生殖に関与する
(195)ジベレリン2水酸化酵素遺伝子を過剰発現する組換えポプラ
(196)Functional analysis of MADS-box genes in regulating floral transition of Crptomeria japonica.(スギの花成制御に関わるMADSボックス遺伝子の機能解析)
(197)スギにおける雄性不稔遺伝子(ms-1)のマッピング
(198)スギ花芽形成に関わるMADS-box遺伝子の機能解析
(199)スギ完全長cDNAライブラリーに由来するEST情報の収集と公開
(200)富山不稔1号の雄性不稔遺伝子(ms-1)により影響を受けるスギ遺伝子の解析
(201)針葉樹スギより得られたBACクローンの塩基配列解析
(202)スギの花成に関わる2種類のMADS-box遺伝子の解析
(203)スギMADS-box遺伝子導入によるシロイヌナズナの早期開花性
(204)マングローブ塩腺における塩ストレス応答性遺伝子のin silicoサブトラクション解析
(205)ACC合成酵素遺伝子を導入した組換えポプラの生理特性
(206)Improvement in ozone tolerance of poplar plants with an antisense DNA for 1-aminocyclopropane-1-carboxylate synthase(ACC合成酵素を導入した遺伝子組換えポプラにおけるオゾン耐性の改変)
(207)エチレン合成を抑制した遺伝子組換えポプラの環境ストレス耐性
(208)オゾン耐性組換えポプラの各種環境ストレスに対する応答
(209)日本産針葉樹における組換え体作出のための諸条件の検討
(210)遺伝子組換えポプラにおけるストレ誘導性ACS遺伝子の発現解析
(211)Analysis of aluminum-binding compounds in roots of Eucalyptus camaldulensis.(ユーカリの根のアルミニウム結合物質の解析)
(212)Eucalyptus camaldulensisのアルミニウム結合物質の構造解析
(213)Eucalyptus camaldulensisのアルミニウム結合性ポリフェノールの解析
(214)ユーカリのアルミニウム結合物質の構造と機能の解析
(215)ケショウヤナギ、アポイカンバ、ヤチカンバ、クロビイタヤ
(216)塩素化ダイオキシン分解微生物Geobacillus sp. SH2B-J2株のエーテル結合開裂能の解析
(217)Identification of a crypcochrome gene homolog in the basidiomycetous mushroom Lentinula edodes.(シイタケ光り感受性遺伝子の同定)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030162271
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat