(ア)主要水産資源の変動要因の解明

(ア)主要水産資源の変動要因の解明

課題番号2010015037
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2006-2010
年度2010
大課題ア.水産資源の持続的利用のための管理技術の開発
中課題(ア)主要水産資源の変動要因の解明
小課題(ア)主要水産資源の変動要因の解明
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達  成するためとるべき措置
中項目2 研究開発等の重点的推進
摘要主要水産資源の変動要因を解明し、資源評価及び将来予測の精度を向上させることによって、水産資源の持続的利用のための管理技術の開発を図ることを目的としている。今期はマイワシやカタクチイワシ等小型浮魚類やスルメイカの資源変動と産卵場の分布や海洋環境との関係把握に関する知見集約、スケトウダラの加入量変動要因の把握と加入量予測モデル及び定量解析による資源量予測モデルの開発、サンマの加入量推定精度の向上と加入量予測手法の開発などの成果を得て順調に進捗し、項目(イ)の水産資源を安定的に利用するための管理手法開発にも活用された。
研究分担(独)水産総合研究センター,北海道区水産研究所,亜寒帯漁業資源部,資源評価研究室
(独)水産総合研究センター,北海道区水産研究所,亜寒帯漁業資源部,生態系研究室
(独)水産総合研究センター,東北区水産研究所,八戸支所,資源生態研究室
(独)水産総合研究センター,東北区水産研究所,混合域海洋環境部,生物環境研究室
(独)水産総合研究センター,日本海区水産研究所,日本海海洋環境部,生物生産研究室
(独)水産総合研究センター,中央水産研究所,資源評価部,生態特性研究室
(独)水産総合研究センター,中央水産研究所,資源評価部,生理特性研究室
(独)水産総合研究センター,遠洋水産研究所,くろまぐろ資源部,太平洋くろまぐろ生物研究室
(独)水産総合研究センター,遠洋水産研究所,外洋資源部,外洋生態系研究室
(独)水産総合研究センター,遠洋水産研究所,外洋資源部,外洋いか研究室
(独)水産総合研究センター,遠洋水産研究所,かつお・まぐろ資源部,熱帯性まぐろ研究室
(独)水産総合研究センター,西海区水産研究所,東シナ海漁業資源部,資源生態研究室
(独)水産総合研究センター,西海区水産研究所,東シナ海漁業資源部,資源生態研究室
(独)水産総合研究センター,東北区水産研究所,混合域海洋環境部
(独)水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,栽培資源部,資源管理研究室
(独)水産総合研究センター,日本海区水産研究所,日本海漁業資源部,資源評価研究室
(独)水産総合研究センター,遠洋水産研究所,くろまぐろ資源部,太平洋くろまぐろ資源研究室
(独)水産総合研究センター,遠洋水産研究所,くろまぐろ資源部,太平洋くろまぐろ資源研究室
(独)水産総合研究センター,遠洋水産研究所,かつお・まぐろ資源部,混獲生物研究室
(独)水産総合研究センター,遠洋水産研究所,外洋資源部,鯨類管理研究室
協力分担関係九州大学
東京大学
東京農業大学
北海道大学
北海道東海大学
北海道立栽培水産試験場
北海道立中央水産試験場
北海道立函館水産試験場
予算区分水産庁交付金 水産庁・その他 文科省[科研費] その他
業績(1)サケ 〜大きくなって戻ってこいよ〜
(2)クロマグロ仔稚魚の分布と海洋環境の関係
(3)カツオ等大型浮魚類の小型浮魚類に対する捕食圧変動
(4)1980〜90年代におけるサンマの体長組成及び肥満度の変化
(5)カタクチイワシ太平洋系群の資源動向および利用高度化に関する最近の研究
(6)いわし類の長期間の資源量データセットの整備
(7)いわし類の摂餌や成長などの生物学的特性の解析
(8)イワシ類の飼育実験系の確立と再生産に及ぼす環境影響の解析
(9)1060道東養育場におけるスケトウダラ稚魚・幼魚の分布と餌料環境
(10)1050噴火湾におけるスケトウダラ卵仔稚魚の分布様式を規定する要因の解明
(11)The report of WKADSAM
(12)Cruise report of the second phase of the Japanese Whale Research Program under Special Permit in the western North Pacific (JARPN II) in 2009 (part II) - coastal component off Kushiro.
(13)太平洋スルメイカ漁況
(14)サンマの回遊と資源
(15)和歌山県串本周辺海域におけるカツオの産卵
(16)粒子追跡を用いたマサバ太平洋系群当歳魚の産卵場からの輸送過程とその成長(2004〜2007年)
(17)粒子追跡シミュレーションを用いた大型クラゲの輸送特性と傘径に関する考察
(18)幼生輸送シミュレーションにもとづく日本海産ズワイガニの資源変動に関する考察
(19)網口自律開閉型MOHTネットの制御について
(20)北太平洋アカイカ秋生まれ群の初期成長の年変動
(21)北水研亜寒帯海洋環境部の業務紹介
(22)北海道太平洋沿岸域における海面クロロフィル濃度の季節変動と海洋環境との関係
(23)北海道太平洋沿岸域における海面クロロフィル濃度の季節変動と海洋環境との関係
(24)北海道西部海域におけるホッケの分布特性
(25)北海道周辺に来遊するラッコの遺伝的特徴と生息の現況
(26)平成22年のスルメイカ漁況のまとめ 太平洋におけるスルメイカ漁況のまとめと漁況予報の検証
(27)噴火湾周辺海域におけるスケトウダラ仔魚の分布様式と現存量 -環境要因との関連性について-
(28)噴火湾周辺におけるスケトウダラ仔稚魚の輸送数値シミュレーション
(29)噴火湾周辺におけるスケトウダラ仔稚魚の数値輸送シミュレーション
(30)浮魚類の資源動向と今後の展望について
(31)The role of zooplankton in buffering geographical heterogeneity of primary productivity
(32)平成22年度、俊鷹丸日本東方沖における混獲生物調査報告書
(33)Trophic relationships of small pelagic fish in the East China Sea and Sea of Japan: A stable isotope approach
(34)発見、技術、視点−生物学・生態学的観点から海洋学ブレークスルーを考える−
(35)八重山諸島周辺海域に来遊するクロマグロの生物特性
(36)能登半島−佐渡島間の流れの実測
(37)Annual change of abundance of the Pacific bluefin tuna larvae from 2007 to 2010 around the Ryukyu archipelago
(38)能登―佐渡海域における流動変動観測(2)−数日周期変動−
(39)能登―佐渡海域における流動変動観測(1)−季節変動−
(40)日本南岸の中規模渦追跡からみた海況変動の特徴
(41)日本東方海域における亜表層の経年変動
(42)日本海海況予測システムを用いた日本海沿岸域におけるスルメイカの漁期・漁場予測
(43)Assessment male skipjack tuna spawning activity in the tropical western and central Pacific Ocean
(44)日本海沖合におけるズワイガニ属幼生の鉛直分布特性
(45)日本海3次元生態系モデルにおけるクロロフィルa濃度の再現性について
(46)Two bathymetric migration patterns of immature beni-zuwai crab, Chionoecetes japonicus, in the Sea of Japan.
(47)West meets East: Inter-gyre transportation of Neocalanus copepods
(48)アジア-日本系トドの個体群動態
(49)日本海・東シナ海のマアジ資源管理に与える誤差の影響
(50)Evaluation of uncertainties in terminal year’s parameters estimated from SS in the Pacific bluefin tuna assessment
(51)Approaches for estimation of catch at age of young Pacific bluefin tuna caught by Japanese small purse seine fisheries
(52)中層フロートに取り付けた「オプトード」の溶存酸素観測精度と観測例
(53)中層フロートに取り付けた「オプトード」の溶存酸素観測精度と観測例
(54)稚魚期におけるカツオの分布
(55)大型クラゲの移動予測手法の現状 −2009年の大発生年を例として−
(56)太平洋岸のシラス漁業における魚種組成の長期変動
(57)太平洋および対馬暖流域におけるカタクチイワシの資源変動の現状
(58)仙台湾~常磐海域におけるヒラメ仔魚の栄養状態
(59)西部北太平洋の低次生態系の数十年スケール変動とオホーツク海との関係
(60)平成22年度サンマ太平洋北西部系群の資源評価
(61)水位差から推定した佐渡海峡を通過する流量の経年変化
(62)オプトード付中層フロートおよび船舶観測によって得られたオホーツク海中層水の日本東方沖への広がり
(63)親潮域における微小植物プランクトン・パルマ藻の単離培養とその性状解析
(64)親潮および黒潮親潮移行域における動物プランクトンの近年の動向
(65)新しい海洋地理学: 人工衛星リモートセンシングの活用
(66)常磐海域におけるヒラメの加入機構:産卵から50mm稚魚までの生残率の月ごとの比較
(67)Updated estimates of natural mortality rate of age 0 pacific bluefin tuna by using conventional tagging data
(68)オペレーティングモデルによる不確実性を考慮した許容漁獲量の検討
(69)カタクチイワシLH遺伝子の発現解析
(70)カタクチイワシはincome breederであるか? −安定同位体比による検証−
(71)クロマグロ当歳魚に寄生するディディモゾイド科吸虫類の生物標識としての適性について
(72)これからの海洋科学における生物過程研究
(73)サンマ成長−回遊−資源動態モデルを用いた年齢別産卵強度の推定
(74)システム科学としての水産資源変動研究―科学者に求められる微視的および俯瞰的視点−
(75)スケトウダラ2005〜2007年級群幼魚の生残率の経年変化
(76)スケトウダラ太平洋系群で10年ぶりに発生した卓越年級群(2005年級群)の生態特性
(77)群れサイズの判定誤差を考慮した小型ハクジラ類の資源量推定
(78)春季の東シナ海におけるかいあし類現存量・生物量の経年変動
(79)春季、日本海中部沿岸域におけるカタクチイワシの重要餌生物、カイアシ類の分布密度と水温の関係
(80)スケトウダラ太平洋系群の浮遊期から着底期における生残過程
(81)スルメイカ冬季発生系群の成長
(82)ズワイガニ属の分布深度と海水の鉛直密度分布に関する考察
(83)トド・ラッコの生態と漁業被害問題
(84)トドによる被害の現状と取り組み
(85)パルマ藻は珪藻の祖先か?
(86)ヒラメ(シンポジウム「漁業資源の繁殖特性研究−飼育実験とバイオロギングによる新たな展開」)
(87)春季,日本海中部沿岸域におけるカタクチイワシ仔魚の餌生物の特定
(88)ヒラメの産卵量と産卵時刻1−飼育実験
(89)ヒラメの産卵量と産卵時刻3−野外採集調査
(90)フォークランド諸島におけるイカ類資源の資源評価体制および漁業管理制度について
(91)マイワシ対馬暖流系群の近年の資源動態
(92)マサバ2歳魚の卵サイズの変化が仔魚の成長と生残に及ぼす影響
(93)水産重要魚種における飼育実験系の確立と環境影響メカニズムの解析
(94)アジア-日本系トドの動態解析
(95)最近の河川の現状と理想の姿―北海道の事例を中心に―
(96)秋季釧路沖におけるミンククジラの成熟と摂餌生態の関係
(97)マサバ仔稚魚期における耳石構造の変化と成長・発育に及ぼす水温の影響
(98)マサバ初期発育段階に伴う耳石形態の変化と水温の関係
(99)マサバ太平洋系群・対馬暖流系群の長期変動と近年の動態
(100)砂浜性極沿岸域の水産資源管理研究 (1) クルマエビ科小型エビ類
(101)マサバ太平洋系群の複数年にわたる推定孵化時期の比較
(102)秋の釧路沖でミンククジラはどこに分布し,何を好んで食べているのか
(103)ミナミマグロ幼魚を対象とした曳縄漁獲モニタリングの代替手法としての曳航カメラの可能性
(104)安定同位体比による日本海ベニズワイ生息域の食物網構造解析
(105)安定同位体分析による海洋高次捕食者の食性解析.
(106)隠岐海脚周辺海域の日周期潮汐流に関する数値実験
(107)自律開閉型MOHTによるカタクチイワシ仔稚魚の水平分布の高解像度観測
(108)飼育実験に基づくカタクチイワシの繁殖特性と初期生残
(109)再考:土佐湾陸棚斜面域における流れ、水温、力学バランス
(110)平成22年度我が国周辺水域の漁業資源評価(詳細版)
(111)衛星リモートセンシングによる北海道太平洋沿岸・沖合域の基礎生産量の推定と季節変動特性
(112)平成22年度我が国周辺水域の漁業資源評価(要約版)
(113)佐渡海峡の通過流量の経年変化
(114)沖底データの資源量指数としての利用
(115)海洋物理環境からみた北太平洋の小型ハクジラ類の分布特性
(116)環境要因に対する小型浮魚類の産卵応答特性
(117)韓国バイ籠漁船によるベニズワイの混獲を軽減するために〜手軽な漁具の細工によるベニズワイ混獲防止効果の検討
(118)魚種交替メカニズム解明と予測手法開発におけるシステム科学ムーブメント
(119)供給量の変化I スルメイカの資源変動と漁期・漁場の変化
(120)珪藻の休眠過程の生理生態学
(121)佐渡海峡の通過流量と周辺海域の海面力学高度の関係
(122)黒潮域における餌料プランクトン現存量の長期変動
(123)近年におけるマイワシの加入動向
(124)東北地方太平洋岸沖におけるイトヒキダラ加入量の経年変化の把握
(125)親潮および混合域におけるリン酸塩濃度と動物プランクトンの長期変動
(126)春季の黒潮・親潮移行域と黒潮続流域における頭足類の分布を明らかにする
(127)飼育魚卵巣の組織学的観察で明らかになったサンマ産卵履歴の指標
(128)四次元変分法データ同化手法による再解析データセットを用いた東部北太平洋におけるアカイカ生活史初期の輸送経路解析
(129)平成22年度資源動向要因分析調査 マアジ対馬暖流系群 中課題報告
(130)平成22年度資源動向要因分析調査課題報告書(中課題)サンマ太平洋北西部系群
(131)平成22年度資源動向要因分析調査黒潮続流周辺海域における餌料動物プランクトン
(132)平成22年度資源動向要因分析調査報告書「10010 太平洋・東シナ海海況予測システムの開発」
(133)平成22年度資源動向要因分析調査報告書「5010 黒潮域の海洋環境と仔稚魚餌料環境調査」
(134)マサバ・ゴマサバの再生産成功率を用いた再生産関係の解析
(135)太平洋クロマグロの資源評価の更新
(136)カタクチイワシの初期生残に及ぼす産卵特性の影響
(137)数値モデルによるマイワシの回遊経路の推定
(138)日本海海況予測システムを用いた日本海沿岸域におけるスルメイカの漁期・漁場予測手法の開発
(139)Age compositions of flat fish stocks as determined by a new otolithometric method, its application in the estimation of growth, spawning potential and fisheries management
(140)Daily patterns of settlement and individual growth rates of young-of-the-year of the rockfish Sebastes inermis in a Sargassum bed
(141)Food habits of threadfin hakeling Laemonema longipes along the Pacific coast of northern Japan
(142)Functional characterization of the zebrafish WHSC1-related gene, a homolog of human NSD2.
(143)Interannual variations of the planktonic ecosystems in the slope water and Kuroshio south of Japan in February in the years 1990-2002
(144)ブリの移動・回遊と海洋環境の関係の解明と来遊量予測手法の開発:移動・回遊と海洋環境の関係の解明 2.太平洋における成長段階別の回遊様式の解明 (1)年齢別回遊群について
(145)河口汽水域におけるイサザアミ属(Neomysis)2種の鉛直分布の日周変化
(146)Age and growth during immature stages of the mangrove red snapper Lutjanus argentimaculatus in waters around Ishigaki Island, southern Japan
(147)Age-related thermal habitat use by Pacific salmon Oncorhynchus spp.
(148)An Optimal Synthesis of Observations and Models by Data Assimilation: Applications to Climate Analysis and Fishery Assessment? ?
(149)Causes of walleye pollock (Theragra chalcogramma) recruitment decline in the northern Sea of Japan: implications for stock management
(150)Changes in prolactin mRNA levels during downstream migration of the amphidromous teleost, ayu Plecoglossus altivelis.
(151)Distribution and growth of Scomber japonicus and S. australasicus larvae in the southern East China Sea in response to oceanographic conditions? ?
(152)Do early growth dynamics explain recruitment success in Japanese flounder Paralichthys olivaceus off the Pacific coast of northern Japan?
(153)Effects of saline water on early success of amphidromous fish. Ichthyological Research
(154)Environmental variability and growth histories of larval Japanese sardine (Sardinops melanostictus) and Japanese anchovy (Engraulis japonicus) near the frontal area of the Kuroshio
(155)Feeding impacts of ontogenetically migrating copepods on the spring phytoplankton bloom in the Oyashio region.
(156)Growth and fatness of 1975-2002 year classes of Japanese sardine in the Pacific waters around northern Japan
(157)Habitat fragmentation by damming threatens coexistence of stream-dwelling charr and salmon in the Fuji River, Japan
(158)Habitat shifts in relation to the reproduction of Japanese flounder Paralichthys olivaceus revealed by a depth-temperature data logger
(159)How are the oocytes recruited in an indeterminate fish? Applications of stereological techniques along with advanced packing density theory on European hake (Merluccius merluccius L.)
(160)Impact of climatic regime shift on the migration of Japanese common squid Todarodes pacificus in the Sea of Japan
(161)Isolation and characterization of Parmales (Heterokonta/Heterokontophyta/Stramenopiles) froma the Oyashio region, western North pacific.
(162)Latitudinal variation in the growth and maturation of masu salmon (Oncorhynchus masou) parr
(163)Long-term variability in the fish populations in the Japan Sea with special reference to the impact of the mid-1970s regime shift.
(164)Molecular characterization, tissue distribution, and mRNA expression profiles of two Kiss genes in the adult female chub mackerel (Scomber japonics) during different gonadal stages
(165)Molecular cloning and brain distribution of three types of gonadotropin-releasing hormone from mummichog Fundulus heteroclitus
(166)Molecular cloning and localization of the luteinizng hormone b subunit and glycoprotein a subunit from Japanese anchovy Engraulis japonicus
(167)Oceanic iron supply mechanisms which support the spring diatom bloom in the Oyashio region, western subarctic Pacific
(168)Population structure of Euphausia pacifica in the Kuroshio?Oyashio transitional waters off northeastern Japan
(169)Primary productivity and its bio-optical modeling in the Oyashio region, NW Pacific during the spring bloom 2007
(170)山陰・隠岐海域で孵出したズワイガニ幼生の輸送シミュレーション
(171)Relationships among shell shape, shell growth rate, and nutritional condition in the Manira clam (Ruditapes philippinarum) in Japan
(172)Reproductive biology of male skipjack tuna Katsuwonus pelamis(Linnaeus) in the tropical western and central Pacific Ocean
(173)Resightings of branded Steller sea lions at wintering haul-out sites in Hokkaido, Japan 2003-2006
(174)Response of heterotrophic bacteria to the spring phytoplankton bloom in the Oyashio region.
(175)Scaling of swim speed in breath-hold divers
(176)Seasonal and spatial variations in prey utilization and condition of a piscivorous flatfish Paralichthys olivaceus
(177)Seasonal changes in otolith and somatic growth in age-0 Pacific saury Cololabis saira
(178)Sexually dimorphic expression of gonadotropin subunits in the pituitary of protogynous honeycomb grouper (Epinephelus merra): Evidence that follicle-stimulating hormone (FSH) induces gonadal sex change
(179)Size-dependent thermal preferences in a pelagic fish
(180)Stable isotope analysis of epibiotic caprellids (Amphipoda) on loggerhead turtles provides evidence of turtle's feeding history
(181)Status and trends of the Kuroshio region, 2003-2008
(182)Temporal patterns in silica deposition among siliceous plankton during the spring bloom in the Oyashio region.
(183)The effect of temperature on the duration of spawning markers - migratory-nucleus and hydrated oocytes and post-ovulatory follicles - in the multiple-batch spawning Japanese flounder Paralichthys olivaceus.
(184)Validation of daily increment formation of otoliths of immature and adult anchovy Engraulis japonicus
(185)サイドスキャンソナーを用いた中層トロールのサンマに対する採集効率の推定
(186)北海道沿岸における流動場がスケトウダラ加入量変動に及ぼす影響評価 平成22年度資源変動要因分析調査報告書
(187)ブリの移動・回遊と海洋環境の関係の解明と来遊量予測手法の開発:緒言
(188)マダラの繁殖特性の時系列変化と資源変動
(189)ミニシンポジウム記録 海洋高次捕食者と漁業との競合問題−食害対策における情報の共有化 4.トドによる被害の現状と取り組み
(190)異なる塩水条件下におけるアユ孵化仔魚の饑餓プロセス
(191)異なる給餌と水温条件が汽水環境下で飼育したアユふ化仔魚の成長に与える影響
(192)環境条件による魚類生殖周期の制御機構
(193)黒潮親潮移行域および親潮域におけるマサバおよびゴマサバの胃排出速度と日間摂餌量の推定
(194)北光丸によるスケトウダラ卵・仔魚分布調査(概要)(平成19年度)北海道太平洋海域
(195)北西太平洋におけるマイワシ0〜1歳魚の季節的分布回遊 −最近の広域な漁獲調査結果からの推定−
(196)産卵親魚個体群の繁殖能力の時空間的変化が加入量に及ぼす影響
(197)小型浮魚類の繁殖生態における時空間的変異特性
(198)三河湾におけるミズクラゲポリプ被度の季節変化2
(199)近年の黒潮親潮移行域におけるマイワシ稚魚の分布
(200)小型浮魚類の繁殖特性の変異下における仔魚の成長・生残過程
(201)東シナ海におけるウルメイワシの年齢・成長と成熟特性
(202)日本産マイワシにおける繁殖特性の時空間変化とその個体群動態への影響
(203)北太平洋冬季アカイカ若齢加入量調査報告
(204)北海道東部太平洋域におけるトドハダカDiaphus thetaの音響生物量推定
(205)明・暗条件下におけるオイカワ,ウグイおよびスミウキゴリのアユ仔魚捕食
(206)2006年6-7月に沿岸と沖合で採集されたサンマ1歳魚の成長の比較
(207)Recruitment control of Japan Pacific walleye pollock in relation to environmental variability
(208)アジア-日本系トドの個体群動態
(209)サンマ資源状況と国内および国際的漁業動向
(210)漁業資源の繁殖特性研究−飼育実験とバイオロギングによる新たな展開 I−7. サンマ
(211)Abundance and growth rate during early life stages of Pacific sardine Sardinops sagax in the California Current ecosystem
(212)Effect of spring diatom bloom in reproductive activity, egg production and hatching success of Eucalanus bungii in the Oyashio region, western subarctic Pacific
(213)Oxygen decline in the continental slope waters off-Japan and its potential influence on groundfishes
(214)Spatial effect to the validity of MSY -to focus on the interpretation of MSY-
(215)アジア-日本系トドの動態シミュレーション
(216)クロマグロ稚仔の分布可能域を推定する
(217)スケトウダラ加入量の変動要因解明
(218)加速度データから見る飼育下におけるブリの摂餌行動
(219)海洋生物に対する地球温暖化の直接影響~貧酸素化と酸性化~
(220)砂浜性極沿岸域の水産資源管理研究 (1)クルマエビ科小型エビ類
(221)小型浮魚類の加入過程における カツオ等による被食の影響
(222)新潟県沖日本海におけるマダラの産卵場への来遊生態
(223)親潮域珪藻ブルームがカイアシ類Eucalanus bungii の 再生産に与える影響
(224)太平洋クロマグロ0歳魚の漁獲死亡率推定を目的とした標識放流計画の検討
(225)東シナ海におけるマアジ仔稚魚の成長速度と水温環境
(226)東シナ海におけるマアジ稚魚の成長速度と加入過程
(227)日本海におけるズワイガニ資源の評価と管理
(228)I繁殖特性パラメータとその活用 1.資源評価への応用
(229)Analysis of observer coverage for Japanese krill fishing vessels
(230)2003〜2009年6・7月に採集されたサンマ1歳魚の体長組成の地理的変異
(231)2005〜2010年秋季の千島列島東方沖亜寒帯水域におけるマイワシ0歳魚の分布と加入豊度
(232)2009 年及び2010 年南西諸島沖におけるマグロ属稚魚の出現と海洋環境の特徴
(233)2010 年夏季に日本海亜表層域で見られた高水温現象
(234)2010 年夏季の日本海に出現したクロマグロとコシナガの仔稚魚
(235)A 3D-var data assimilation scheme for a ocean modeling system based on the ROMS
(236)A numerical study on the winter mixed layer on the shelf-slope region south of Japan
(237)Biological responses to OIF
(238)Changes in the stock size and lifehistory traits of Japanese common squid Todarodes pacificus in relation to climate changes, with special comparison between in the Kuroshio-Oyashio currents region and the Sea of Japan
(239)Characterization of Parmales, a siliceous phytoplankton, isolated from the Oyashio water from near Japan.
(240)Current research activities and population status of Steller sea lions in Japan
(241)Current research activities and population status of Steller sea lions in Jpana
(242)Discrimination of age-0 Pacific bluefin tuna from two different spawning grounds in length-frequency distributions
(243)Distribution and abundance of wintering Steller sea lions (Eumetopias jubatus) on the Hokkaido coast of the Sea of Japan
(244)Distribution and size structure of jumbo flying squid Dosidicus gigas
(245)Distribution of walleye pollock (Theragra chalcogramma) larvae around Funka Bay, Japan: Relationships with environmental factors
(246)Dynamical downscaling from the basin scale to submesoscale with a triply nested ocean model
(247)East-West Comparison of the Subarctic Pacific Ecosystems: Influences of Physical Processes on the Dynamics of Iron, Phytoplankton and Zooplankton
(248)Ecosystem responses to ocean stratification and early-bloom occurrence in the future western subarctic North Pacific: A speculation from retrospective analyses
(249)Estimation on the stock size of Japanese common squid based on the abundance of the juvenile squid just before openning fishing season in the Sea of Japan
(250)Estimation on the stock size of pre-recruit Japanese common squid Todarodes pacificus just before openning fishing season, aiming to the proper stock management
(251)Geochemical biogeography: To bridge the gap between zooplanktology and biogeochemistry
(252)東北海域におけるヒラメ新規加入量調査結果(2009年)
(253)東北沿岸域における重要魚介類の資源変動とその環境応答の解明
(254)東シナ海中長期変動分析調査
(255)長期間の海洋環境データセットの整備
(256)探海丸によるスケトウダラ卵・仔魚分布調査(概要)(平成19年度)北海道太平洋海域
(257)待ったなしのサンマ漁の国際的資源管理
(258)多獲性浮魚類における再生産パラメーターの精密解析
(259)成熟生理の研究
(260)新しい海洋地理学: 人工衛星リモートセンシングの活用
(261)飼育実験に基づくカタクチイワシの繁殖特性と初期生残
(262)飼育による資源生物学的パラメ−タの推定
(263)資源動向要因分析調査サンマ課題の考え方
(264)Geographical comparison of the decadal scale variations in marine ecosystems in the North Pacific Ocean
(265)Interannual comparison of diet of larval jack mackerel Trachurus japonicus in the southern East China Sea during 2002 to 2005
(266)JADE解析値を用いたスケトウダラ日本海北部系群の卵・仔魚輸送シミュレーション
(267)Japanese-type marine protected areas (MPAs) and their contribution to biodiversity and fisheries in Tosa Bay, southern Japan
(268)Long term variations of abundances and size compositions of copepod communities off southern Japan using bench-top Video Plankton Recorder system (B-VPR)
(269)Monthly variations of chlorophyll a concentrations and oceanographic conditions in the coastal area off the Pacific coast of Hokkaido,Japan
(270)New perspectives into the reproductive traits of exploited marine fishes through electronic tags: Revealing spawning history of multi-batch spawning species
(271)Numerical experiment on changes of circulation in the Japan Sea in the end of 1980's
(272)Numerical simulation of the larval transport of snow crab Chionoecetes opilio in the Japan Sea
(273)Numerical simulation of the migration and distribution of the neon flying squid larvae
(274)Numerical simulation on the transport characteristics and the bell diameter of the giant jellyfish Nemopilema nomurai in 2009
(275)Numerical simulations of spatial-temporal distribution of juvenile walleye pollock around Hidaka Bay
(276)One dimensional ecosystem model in the northern Japan Sea based on an operational ocean forecast system
(277)Overview of the zooplankton from viewpoint of food for fish resources in the western North Pacific
(278)Projection of Pacific saury response to future climate change
(279)Recent changes of meso-zooplankton community in the western North Pacific Ocean
(280)Relationship between plankton, environment and climate change in the East China Sea
(281)Reproducibility of chlorophyll-a and nutrient variability in the Japan Sea by the three-dimensional ecosystem-circulation model
(282)Responses of anchovy and sardine spawning to physical and biological factors in the Kuroshio and California Current systems: Interspecific and intersystem comparison
(283)ROMSへの3次元変分法の導入
(284)日本海カタクチイワシ春季産卵群の重要餌生物,カイアシ類の分布密度と水温の関係
(285)資源低水準期における秋冬季に採集されたマイワシ当歳魚の孵化月推定
(286)Seasonal current structure of the subsurface countercurrent under the Tsushima Warm Current in the east of the Noto Peninsula in the Japan Sea
(287)資源調査報告一覧(昭和56年度〜平成19年度)北海道周辺海域
(288)資源水準指標と環境要因のレトロスペクティブ解析−漁業情報から得られる資源量指標の長期変動−
(289)資源水準指標と環境要因のレトロスペクティブ解析−漁期前と漁期における資源量指標の比較−
(290)日本海におけるクロマグロ仔稚魚調査の概要
(291)資源水準指標と環境要因のレトロスペクティブ解析
(292)私は将来、生き残れるの?
(293)日本海海況予測システムの開発
(294)釧路沖のミンククジラ-釧路沖鯨類捕獲調査のご紹介-
(295)近年の資源水準が高い年におけるマサバ太平洋系群当歳魚の孵化時期と分布
(296)極沿岸域での漁海況情報処理について−相模湾東部の定置網での漁模様について−
(297)環境要因に対する小型浮魚類の産卵応答特性
(298)加入量変動に関するコンセプトモデルの構築と加入量予測手法の開発
(299)日本海中部海域における環境変動が低次生産を通してカタクチイワシの成熟・産卵生態に及ぼす影響の解明
(300)Spatial and seasonal distributions of 0-age Pacific bluefin tuna (Thunnus orientalis) based on analysis of Japanese troll fishery catches
(301)餌料環境調査
(302)−安くておいしくて栄養たっぷり!国民の味方です―
(303)日本産ヒトデ相の近年における新知見と分類学上の問題点
(304)マイワシの初期成長と加入過程解析
(305)マイワシ・カタクチイワシ対馬暖流系群
(306)マイワシ・カタクチイワシの母性効果の検証および種間関係を考慮した仔魚期の成長と生残
(307)2009年の太平洋におけるスルメイカの漁況について
(308)マアジ加入実態把握調査
(309)フォークランド諸島周辺海域におけるイカ類資源の資源評価体制および漁業管理制度に関する調査報告
(310)フォークランド諸島におけるイカ類資源の資源評価体制および漁業管理制度について
(311)ヒラメの再生産に及ぼす環境影響の解明
(312)ハタハタの日本海見聞録 -耳石の同位体分析でわかる水温履歴-
(313)ハタハタの日本海見聞録 ー耳石の同位体分析でわかる水温履歴ー
(314)トド 北太平洋沿岸・オホーツク海・ベーリング海(要約版)
(315)トド 北太平洋沿岸・オホーツク海・ベーリング海(詳細版)
(316)スルメイカ秋季発生系群の餌環境
(317)スルメイカ(冬季発生系群)の資源状況
(318)スケトウダラ日本海北部系群の再生産状況の把握と変動要因の検討
(319)スケトウダラ日本海北部、ズワイガニ日本海、スルメイカ秋季発生系群
(320)スケトウダラ太平洋系群の卵期から着定期における海洋環境と低次生産の中長期変動の解明
(321)スケトウダラ2005〜2007年級群幼魚の生残率の経年変化
(322)サンマ卵巣組織のタイプ分けと産卵履歴について
(323)浮魚類の仔稚魚期における被食過程の情報収集と解析
(324)サンマ棒受網漁業の問題点と将来
(325)サンマ成長−回遊−資源動態モデルの開発
(326)サンマの初回成熟にふ化時期がおよぼす影響
(327)サンマの時系列データ・生物情報の集積(最近のサンマ資源研究における再生産関係について)
(328)サンマの資源と利用の現状
(329)平成21年度サンマ飼育研究の概要
(330)サンマの今後の漁模様は?
(331)Technical improvements in artificial insemination for the ommastrephid squids - An application for early life study of Ommastrephidae -
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030162277
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat