(ウ)水産資源の維持・回復技術の開発

(ウ)水産資源の維持・回復技術の開発

課題番号2010015039
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2006-2010
年度2010
大課題ア.水産資源の持続的利用のための管理技術の開発
中課題(ウ)水産資源の維持・回復技術の開発
小課題(ウ)水産資源の維持・回復技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達  成するためとるべき措置
中項目2 研究開発等の重点的推進
摘要地域の重要資源の維持・回復に必要な管理システムを開発することによって、水産資源の持続的利用のための管理技術の開発を図ることを目的としている。今期は、アワビ資源の維持・回復に効果的な集団造成技術の把握、瀬戸内海のトラフグとサワラに関する生態系モデルの適用や資源動態シミュレーションによる資源回復のための管理方策の評価手法の開発、温暖化に関連した藻場造成技術の野外への適用による九州西岸の磯焼け対策に有効な春藻場造成の成功、有明海タイラギの斃死原因の絞り込みなどの成果を得て、水産資源の維持・回復技術の開発に至り、管理手法の開発等にも貢献した。
研究分担(独)水産総合研究センター,北海道区水産研究所,亜寒帯漁業資源部,生態系研究室
(独)水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,栽培資源部,資源管理研究室
(独)水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,生産環境部,沿岸資源研究室
(独)水産総合研究センター,西海区水産研究所,海区水産業研究部,沿岸資源研究室
(独)水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,生産環境部,藻場・干潟環境研究室
(独)水産総合研究センター,西海区水産研究所,石垣支所,漁業資源研究室
(独)水産総合研究センター,東北区水産研究所,海区水産業研究部,沿岸資源研究室
協力分担関係東京大学
北海道立中央水産試験場
宮城県水産技術総合センター
福島県水産試験場
神奈川県水産技術センター
長崎県総合水産試験場
予算区分新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 水産庁交付金
業績(1)アマモ場における仔稚魚の定量採集方法の開発によるニシン仔稚魚の分布特性の解明
(2)異なる飼育条件下におけるアワビ類の成長・成熟
(3)北海道西部海域におけるホッケの分布特性
(4)三陸沿岸の岩礁藻場における食物網構造
(5)エゾアワビの成長に伴う棲み場の変化
(6)平成21年度 東京大学大気海洋研究所国際海洋研究センター外来研究員報告書「大槌岩礁藻場の生態系構造およびその動態に関する研究」
(7)暖流系アワビにおける海水温変動と餌料環境の変化が成長・成熟に及ぼす影響の解明
(8)メタ個体群モデルを利用したアワビ類の資源評価の試み
(9)メタ個体群モデルを利用したアワビ類の資源評価の試み
(10)ホッケの遺伝的変異性について
(11)日本海におけるカタクチイワシ春季産卵群の重要餌生物,カイアシ類の分布密度と水温の関係
(12)Stable isotope analyses as a tool to examine postlarval diets of Haliotis discus hannai
(13)Latitudinal variation in the growth and maturation of masu salmon (Oncorhynchus masou) parr
(14)北太平洋海山海域におけるオオエンコウガニの生物学的特性について
(15)Reduction of Eisenia bicyclis bed by a grazer Strongylocentrotus nudus off Oshika Peninsula: as an example of urchin barren in northeastern coast of Honsu, Japan.
(16)沿岸性ハタ類の生態調査−主要漁場における空間密度の把握とハビタット選択性および種間比較−
(17)気候変動とエゾアワビ個体数の意外な関係
(18)最新の藻場状況 北日本の状況について
(19)北光丸によるスケトウダラ卵・仔魚分布調査(概要)(平成19年度)北海道太平洋海域
(20)規則で親魚と幼魚を守る
(21)本邦南西水域の環境変化に対応した藻場の回復・拡大技術の高度化報告書
(22)再生産力の向上を目的としたアワビ類の資源管理・増殖技術の開発(小課題:エゾアワビにおける海水温変動と餌料環境の変化が成長・成熟に及ぼす影響の解 明)
(23)シリーズ:三陸の魚たち第5回 エゾアワビ
(24)再生産力の向上を目的としたアワビ類の資源管理・増殖技術の開発(小課題:エゾアワビにおける海水温変動と餌料環境の変化が成長・成熟に及ぼす影響の解明)
(25)砂泥上に設置されたコンクリートブロック礁における海藻植生の経年変化について
(26)What is the ultimate effect on sporophyte formation after longterm cultivation of gametophytes from twelve species of laminariales?
(27)再生産力の向上を目的としたアワビ類の資源管理・増殖技術の開発(小課題:三陸における生態系の構造と機能の解明)
(28)再生産力の向上を目的としたアワビ類の資源管理・増殖技術の開発(小課題:三陸における生態系の構造と機能の解明)
(29)再生産力の向上を目的としたアワビ類の資源管理・増殖技術の開発(小課題:資源変動シミュレーションによる管理技術の開発) 
(30)再生産力の向上を目的としたアワビ類の資源管理・増殖技術の開発(小課題:資源変動シミュレーションによる管理技術の開発) 
(31)第七開洋丸によるオホーツク海底魚資源調査(概要)(平成20年度)北海道オホーツク海域
(32)探海丸によるスケトウダラ卵・仔魚分布調査(概要)(平成19年度)北海道太平洋海域
(33)再生産力の向上を目的としたアワビ類の資源管理・増殖技術の開発(小課題:暖流系アワビにおける海水温変動と餌料環境の変化が成長・成熟に及ぼす影響の解明) 
(34)再生産力の向上を目的としたアワビ類の資源管理・増殖技術の開発(小課題:暖流系アワビにおける海水温変動と餌料環境の変化が成長・成熟に及ぼす影響の解明) 
(35)北光丸によるオホーツク海底魚環境調査(概要)(平成20年度)北海道オホーツク海域
(36)次世代シーケンサーを用いた水産生物のマイクロサテライトマーカー探索
(37)マサバ・ゴマサバの再生産成功率を用いた再生産関係の解析
(38)漁業・遊漁管理の改善による個体群の適正利用技術
(39)Investigation of the cold-water corals in the Emperor Seamount Area by Fisheries Agency of Japan.
(40)残存藻場の維持機構の解明
(41)エゾノネジモク群落生態系における食物網
(42)残存藻場の維持機構の解明
(43)資源調査報告一覧(昭和56年度〜平成19年度)北海道周辺海域
(44)イセエビの生活史を考慮した新型人工礁の開発
(45)漁場管理の実例
(46)次世代シーケンサーRoche454による水産生物のマイクロサテライトマーカー探索の試みについて
(47)天皇海山海域における冷水性サンゴ類の分布調査
(48)集団造成場所における再生産寄与率の推定と遺伝的多様性のモニタリング
(49)リシケタイラギの臓器で観察された異物の種類および出現状況に関する検討
(50)集団造成場所における再生産寄与率の推定と遺伝的多様性のモニタリング
(51)ハネジナマコの腸内細菌叢解析
(52)春藻場・四季藻場とは
(53)キチジ(北海道周辺海域)
(54)天皇海山海域における冷水性サンゴ類等の調査について
(55)数値モデルによるマイワシの回遊経路の推定
(56)次世代シーケンサーRoche454で得られた水産生物の塩基配列情報からの遺伝マーカーの探索について
(57)植食性魚類の採食圧軽減技術開発に向けた基礎的検討
(58)メヌケ類(北海道周辺海域)
(59)魚類との相互関係,モデリングに基づくミズクラゲ発生予測
(60)新刊紹介 ベルソーブックス035 イセエビをつくる
(61)岩手県大槌湾における海藻相と底生動物相の年変動について
(62)Choice of organization managing and utilizing Japanese coastal resources using AHP technique
(63)藻場の変動が磯根資源に及ぼす影響の評価と対策の検討
(64)長崎県壱岐郷ノ浦町地先におけるアワビ資源の評価−I−VPAからみた漁場別の資源変動傾向−
(65)太平洋に生息するキンメダイのmtDNAの遺伝的地理的変異性について
(66)飼育環境下におけるガンガゼ類稚ウニの成長
(67)新たな農林水産政策を推進する実用開発事業「再生産力の向上を目的としたアワビ類の資源管理・増殖技術の開発」経過報告
(68)九州の藻場の現状
(69)サンゴ礁礁斜面におけるナミハタの生息場所選択
(70)イスズミ科5種の種判別方法の検討
(71)Evaluation of the effect of fisheries using Ecopath with Ecosim in the coastal waters of the northwest coast of Peninsular Malaysia
(72)クロアワビとメガイアワビの飼育水温の違いによる人為的な刺激に対する放卵・放精の反応率の違い
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030162279
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat