(イ)地域活性化のための手法の開発及び多面的機能の評価・活用技術の高度化

(イ)地域活性化のための手法の開発及び多面的機能の評価・活用技術の高度化

課題番号2010015054
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2006-2010
年度2010
大課題該当なし
中課題(イ)地域活性化のための手法の開発及び多面的機能の評価・活用技術の高度化
小課題(イ)地域活性化のための手法の開発及び多面的機能の評価・活用技術の高度化
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達  成するためとるべき措置
中項目2 研究開発等の重点的推進
摘要地域特性を活かした地域活性化手法と多面的機能評価手法の開発を目的としている。地域特産品としてのカタクチイワシの処理加工技術において、加工機械の改良等を通して実用化の域まで達した。水産業や漁村の持つ多面的な機能については、沿岸資源が社会教育や環境保全等へ果たす効果を評価するなど進展した。
研究分担(独)水産総合研究センター,中央水産研究所,内水面研究部,生態系保全研究室
(独)水産総合研究センター,中央水産研究所,内水面研究部,資源生態研究室
(独)水産総合研究センター,西海区水産研究所,海区水産業研究部,有明海・八代海漁場環境研究センター
(独)水産総合研究センター,中央水産研究所,利用加工部,食品バイオテクノロジー研究室
(独)水産総合研究センター,栽培漁業センター,宮古栽培漁業センター
(独)水産総合研究センター,中央水産研究所,水産経済部,動向分析研究室
(独)水産総合研究センター,中央水産研究所,浅海増殖部,浅海生態系研究室
(独)水産総合研究センター,西海区水産研究所,東シナ海海洋環境部,生物環境研究室
協力分担関係北海道大学
宮崎大学
青森県産業技術センター
宮城県水産技術総合センター
千葉県水産総合研究センター
京都府立海洋センター
愛媛県工業技術センター
宮崎県水産試験場
東洋水産機械株式会社
長崎蒲鉾水産加工業協同組合
予算区分新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 水産庁交付金 環境省・その他
業績(1)岩手県における資源回復の試み
(2)三大内湾域のアサリ漁業と東京湾の再生〜養貝場の回復と無料潮干狩り場の造成〜
(3)栽培漁業の費用対効果分析の現状と新たな評価手法の提案
(4)冷凍・解凍
(5)肉質脆弱化の防止技術の開発
(6)田んぼでフナを育てる稲田養魚
(7)具体的な評価事例と残された課題〜宮古栽培漁業センターのヒラメ〜
(8)Reduction of Eisenia bicyclis bed by a grazer Strongylocentrotus nudus off Oshika Peninsula: as an example of urchin barren in northeastern coast of Honsu, Japan.
(9)アユの生態学的研究
(10)肉質脆弱化の防止技術の開発
(11)Valuation of Ecosystem Services in Restocking with Ayu (Plecoglossus altivelis) in Japan
(12)Production of transparent exopolymer particles by four diatom species
(13)小型魚用ヘッドカッター連動式フィレーマシンの開発
(14)Validation of daily increment formation of otoliths of immature and adult anchovy Engraulis japonicus
(15)アユ生息による川底の景観保全効果に対する経済評価―経済的価値に与える要因―
(16)(3)生態系サービスの損失額の推定
(17)海外輸出の現状とEUにおける消費者意識
(18)貨幣換算が困難な効果の考え方
(19)小型種苗放流によるヒラメ資源資源造成の可能性
(20)栽培漁業の事業効果を評価する手法について
(21)
(22)栽培漁業の費用対効果分析の現状と新たな評価手法の提案
(23)エゾノネジモク群落生態系における食物網
(24)冷凍・解凍
(25)利用特性を考慮した資源状態の把握
(26)具体的な評価事例と残された課題〜宮古栽培漁業センターのヒラメ〜
(27)Genetic constitution and phylogenetic relationships of Japanese crucian carps (Carassuys)
(28)奄美大島に生息する絶滅危惧種リュウキュウアユ(Plecoglossus altivelis ryukyuensis)に対して人々がもつ価値観に影響を及ぼす要因
(29)稲田養魚におけるドジョウの放養効果
(30)アユの摂食が河川付着藻類群落の現存量に及ぼす影響
(31)アユ生息による川底の景観保全効果はいくらか?
(32)産業連関分析法を用いたヒラメ栽培漁業による経済波及効果の推計
(33)カタクチイワシ太平洋系群の資源動向および利用高度化に関する最近の研究
(34)II(3)生態系サービスの損失額の推定
(35)東京湾におけるアサリ漁業の再生
(36)Effects of fish in rice-fish culture on the rice yield
(37)Normal 0 0 2 false false false MicrosoftInternetExplorer4 有明海産珪藻2種の透明細胞外重合物質粒子(TEP)産生に及ぼす窒素制限の影響
(38)書評 山尾政博・島秀典編著「日本の漁村・水産業の多面的機能」(北斗書房、2009年2月)
(39)Revitalizing Fishing Villages through Sightseeing Fisheries in Japan
(40)TCM,CVMによる遊漁を通じた地域経済への貢献度分析
(41)サケ稚魚の行動を音で見る
(42)凍結解凍条件がカタクチイワシ品質に及ぼす影響
(43)平成22年度西海ブロック水産業関係研究開発推進会議 有明海・八代海研究部会第1回粘質状浮遊物研究会報告書
(44)Generalization of conditioned taste aversion (CTA) to guanosine 5’-monophosphate (GMP) in C57BL/6 mice
(45)アユの持つ保養・交流・学習機能の経済評価
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030162294
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat