(1)不良環境耐性メカニズムの解明と耐性作物の作出

(1)不良環境耐性メカニズムの解明と耐性作物の作出

課題番号2010015002
研究機関名国際農林水産業研究センター
研究期間2006-2010
年度2010
大課題1. 不安定環境下における安定生産及び多用途利用のための生物資源活用技術の開発
中課題(1)不良環境耐性メカニズムの解明と耐性作物の作出
小課題(1)不良環境耐性メカニズムの解明と耐性作物の作出
大項目II 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためにとるべき措置
中項目A 国際的な食料・環境問題の解決に向けた農林水産技術の研究開発
摘要・ リン欠条件で、Pup1候補遺伝子1及び2の形質転換系統を日本晴及びヌル系統(自殖により導入遺伝子を落とした系統)と比較したところ、候補遺伝子2を過剰発現する系統はリン欠耐性が有意に高かった。・ Zn耐性のQTLのマッピングでは、第2および第6染色体上に2つのQTLを検出した。耐性系統ではZn欠乏下におけるDMA浸出量が多く、浸出DMAにより土壌中の結合Znを遊離させることが示された。・ 連関解析によって同定されたQTLの1つOzT8を有する系統は、オゾン曝露下においても高い気孔開度を維持しているため、OzT8による耐性は、気孔を閉じることでオゾンの取込みを低減する回避型ではないことが示された。・ 詳細な鉄毒耐性解析材料として、インド型品種密陽23号の染色体断片を持ち、日本型のアキヒカリの遺伝的背景をもつ染色体断片置換系統群の再選抜を行った。・ SYN-10 x Cham-6の交配由来の組換え自殖136系統(RILs)を、乾燥条件圃場栽培した。系統間には大きな変異が認められ、QTL解析をした結果、約20%の寄与率のQTLが見出された。・ 高密度地図に基づくダイズ耐塩性(NaCl)のQTL解析により、第3番染色体上に、耐塩性QTLの候補耐性遺伝子としてantiporterの一種であるGlyma03g32900.1を特定した。・ アルカリ塩(NaHCO3)耐性については、QTL解析及びさらに詳細な連鎖解析によって、耐性QTLをNaCl耐性とは異なる第17番染色体の物理距離771 kbの領域に位置づけた。・ NERICA1あるいはNERICA4に、DREB1C及びOsDREB1Bを導入し、58系統の形質転換系統のマニトール耐性を評価したところ、NERICA1にlip9::DREB1Cを導入した系統で顕著な耐性の向上が認められた。・ シロイヌナズナやイネを用いて、低温ストレス誘導性の遺伝子発現を制御する転写因子DREB1と乾燥・高温ストレス誘導性の遺伝子発現を制御する転写因子DREB2Aの発現機構や活性化の制御機構を分子レベルで解析した。・ アブシジン酸(ABA)を介した環境ストレス応答で機能する転写因子をコードするAREB遺伝子を利用して、乾燥耐性イネの作出技術を開発した。・ 環境ストレスと病原菌感染の両方の応答機構に関与すると考えられるイネのNACタイプの転写因子遺伝子OsNAC5の機能を解析し、環境ストレス耐性イネの作出技術を開発した。・ シロイヌナズナのオスモセンサーと考えられるAHK1のダイズの相同性遺伝子を同定した。・ イネのストレス誘導性のOshox24プロモーターの活性や組織特異性を明らかにした。・ イネの乾燥・低温ストレス環境下の植物体を用いてマイクロアレイ解析やメタボローム解析を行い、ストレス時の転写ネットワーク及び代謝ネットワークの変化を解明した。・ マイクロアレイ解析によって同定されたダイズの乾燥ストレス誘導性遺伝子群の発現を定量PCR法によって確認した。また、ダイズゲノム配列情報を用いてこれらのプロモーター領域を単離した。
研究分担(独)国際農林水産業研究センター,生物資源領域
協力分担関係国際稲研究所
業績(1)Identification and validation of a major QTL for salt tolerance in soybean
(2)Agrobacterium-mediated Transformation of Brazilian Soybean Variety, BR-16.
(3)環境ストレス耐性植物
(4)Genome-wide analysis of two-component systems and prediction of stress-responsive two-component system members in soybean.
(5)Evidence for the mechanisms of zinc uptake by rice using isotope fractionation
(6)A simple method for evaluation of salt tolerance and its application for screening of wild soybean (Glycine soja Sieb. & Zucc.) germplasm.
(7)Two closely related subclass II SnRK2 protein kinases cooperatively regulate drought-inducible gene expression.
(8)Prediction of transcriptional regulatory elements for plant hormone responses based on microarray data.
(9)Rice and tropospheric ozone: Tolerance mechanisms and underlying genetic factors
(10)The abiotic stress?responsive NAC-type transcription factor OsNAC5 regulates stress-inducible genes and stress tolerance in rice.
(11)植物の転写因子をコードする遺伝子
(12)イネ由来のストレス誘導性プロモーター
(13)Physiological analyses and evaluation on Genetic Resources fro Enhancing Drought adaptation in wheat
(14)ストレス誘導性プロモーター及びその利用方法
(15)ABA-mediated transcriptional regulation in response to osmotic stress in plants
(16)ストレス誘導性プロモーター及びその利用方法
(17)Yield comparison for synthetic-derived bread wheat genotypes with different water uptake abilities under increasing soil water deficits
(18)改変DREB2A遺伝子を用いた、植物の環境ストレス耐性の制御
(19)イネ由来のストレス誘導性プロモーター
(20)改変DREB2A遺伝子を用いた、植物の環境ストレス耐性の制御
(21)Identification of a major QTL allele from wild soybean (Glycine soja Sieb. & Zucc.) for increasing alkaline salt tolerance in soybean
(22)植物の転写因子をコードする遺伝子
(23)Overproduction of the membrane-bound receptor-like protein kinase1, RPK1, enhances abiotic stress tolerance in Arabidopsis.
(24)Comprehensive analysis of rice DREB2-type genes that encode transcription factors involved in the expression of abiotic stress-responsive genes.
(25)Identification of QTL alleles for saline and sodic tolerances from wild soybean (Glycine soja Sieb. & Zucc.).
(26)Genome-wide expression profiling of soybean two-component system genes in soybean root and shoot tissues under dehydration stress.
(27)Molecular basis of the core regulatory network in ABA responses: sensing, signaling and transport
(28)Using an Agar Nutrient Solution System in Screening for Tolerance to Iron Toxicity and Zn Deficiency.
(29)Identification and function of a polyketide synthase gene responsible for 1,8-dihydroxynaphthalene-melanin pigment biosynthesis in Ascochyta rabiei.
(30)RPK2 is an essential receptor-like kinase that transmits the CLV3 signal in Arabidopsis.
(31)Zn Deficiency in Rice and Potential Tolerance Mechanisms.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030162298
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat