f.てん菜の省力・低コスト栽培のための品種の育成

f.てん菜の省力・低コスト栽培のための品種の育成

課題番号2010014832
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2010
大課題A 地域の条件を活かした高生産性水田・畑輪作システムの確立
中課題f.てん菜の省力・低コスト栽培のための品種の育成
小課題f.てん菜の省力・低コスト栽培のための品種の育成
大項目試験及び研究並びに調査に係る研究の推進方向
中項目イ 農業の競争力強化と健全な発展に資する研究
摘要1)直播栽培に適した低温出芽性や初期成育に優れるてん菜品種の育成に関しては、発芽速度が早い「北海87号」と同程度以上の27系統について、温度、水分、塩(NaCl)濃度および糖(マンニトール)濃度をストレス条件として発芽率を調査した結果、これら総てのストレスを加えた環境下でも良好な発芽率を示す1系統を見いだした。2)褐斑病病害抵抗性一代雑種品種及び高糖型そう根病抵抗性てん菜品種の育成に関しては、3病害(褐斑病、黒根病、そう根病)抵抗性系統「北海100号」および「北海101号」が抵抗性に優れることを確認した。22年度は高温・多湿な気象条件により褐斑病などの病害が多発し、てん菜は大幅な減収が記録されたものの、これらの耐病性系統は良好な収量性を示した。3)黒根病抵抗性に関するDNAマーカーを利用したてん菜の効率的選抜法の開発に関しては、簡易迅速に評価でき、育種選抜に使いやすい一塩基多型(SNP)マーカーを改良した。加えて、2つの褐斑病抵抗性に関与する量的形質座位(QTL)の単離に成功し、両QTLを単独で持つ準同一遺伝子系統(NIL)を用いて遺伝効果を検証した。4病害抵抗性系統は、一代雑種の中間母本として合計15系統を増殖した。また、新規な稔性回復Rf遺伝子を分離する集団を養成し、同遺伝子座の同定に向け遺伝解析を進めるとともに、ゲノム情報活用によりSNPsを主体とした新規DNAマーカーを開発した。
研究分担(独)農業・食品産業技術総合研究機構,北農研,寒地バイオマス研究チーム
協力分担関係北海道大学
予算区分技会交付金研究 イノベーション創出事業 文科省[科研費]
業績(1)QTL analysis for the Aphanomyces root rot resistance
(2)テンサイの黒根病抵抗性に関する片側ダイアレル分析
(3)高糖分なテンサイ新品種「北海98号」の特性とその利用について
(4)Molecular mapping of a gene conferring resistance to Aphanomyces root rot (black root) in sugar beet (Beta vulgaris L.)
(5)One of two major paralogs of AVR-Pita1 is functional in Japanese rice blast isolates
(6)テンサイ黒根病抵抗性品種の育成 第5報 黒根病汚染圃場における10年間の取り組み
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030162325
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat