g.自給飼料の高度利用による高泌乳牛の精密飼養管理技術と泌乳持続性向上技術の開発

g.自給飼料の高度利用による高泌乳牛の精密飼養管理技術と泌乳持続性向上技術の開発

課題番号2010014845
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2010
大課題B 自給飼料を基盤とした家畜生産システムの開発
中課題g.自給飼料の高度利用による高泌乳牛の精密飼養管理技術と泌乳持続性向上技術の開発
小課題g.自給飼料の高度利用による高泌乳牛の精密飼養管理技術と泌乳持続性向上技術の開発
大項目試験及び研究並びに調査に係る研究の推進方向
中項目イ 農業の競争力強化と健全な発展に資する研究
摘要1)飼料栄養素の吸収機序の解明に関しては、21年度に第一胃揮発性短鎖脂肪酸(VFA)の吸収活性があるナトリウム依存性モノカルボン酸供輸送体1(SMCT1)の第一胃上皮基底側細胞での局在を示し、その細胞を5mM酪酸により刺激すると、SMCT1のmRNA量およびタンパク量が他のVFAに比べ有意に増大し、VFAの中で酪酸がSMCT1タンパク発現へ最も大きな影響を与えることを明らかにした。2)乾乳期管理に重点を置いた周産期疾患予防技術に関しては、乾乳期間を30日に短縮すると泌乳前期の乳量が抑制され、これにより乳牛の初期の栄養状態を改善できることを実証した。また、初乳量および初乳中IgG濃度の低下がなく、初乳を介した子牛への移行抗体付与に影響しなかった。さらに疾病(牽引分娩、乳熱、乳房炎)発生への悪影響もなかった。3)繁殖管理技術に関しては、乳牛の移行期に機能性サプリメント(ビタミン剤)を短期間給与することにより、分娩後早期に卵巣活動が始まる可能性を示した。4)泌乳持続性向上(泌乳曲線平準化)の乳腺活性制御機構の解明に関しては、21-22年度の研究により、乳中ラクトフェリンが乳腺上皮細胞の増殖を抑制すること、および、そのラクトフェリンの合成を促進する血中プロラクチン濃度と泌乳持続性評価値との間に負の相関があり、血中プロラクチン濃度が泌乳持続性の評価指標となりうることを示した。5)泌乳持続型乳生産向上のための効率的育種技術に関しては、泌乳持続性評価値(97〜103の相対尺度で示し97〜98は泌乳持続性が高く102〜13は低い)の推定において体細胞数の増加が乳量に与える影響を補正するモデルを作成し、高い泌乳持続性評価値を持つ種雄牛の娘牛は、高い体細胞数の出現率が低いことを示した。
研究分担(独)農業・食品産業技術総合研究機構,北農研,自給飼料酪農研究チーム
協力分担関係雪印種苗
地方独立行政法人北海道立総合研究機構
帯広畜産大学
ホクレン農業協同組合連合会
(株)IHIスター
家畜改良センター
予算区分技会交付金研究 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 委託・食料自給率向上研究[国産飼料プロ] 文科省[科研費]
業績(1)III−3 牛乳中の放射性核種に関する調査研究
(2)乾乳期短縮が泌乳前期の乳量・乳成分、血液成分、疾病発生および繁殖性に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030162338
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat