d.プリオン病の防除技術の開発

d.プリオン病の防除技術の開発

課題番号2010014931
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2010
大課題B 人獣共通感染症、新興・再興感染症及び家畜重要感染症等の防除技術の開発
中課題d.プリオン病の防除技術の開発
小課題d.プリオン病の防除技術の開発
大項目試験及び研究並びに調査に係る研究の推進方向
中項目ウ 食の安全・消費者の信頼確保と健全な食生活の実現に資する研究
摘要1)プリオン病の診断技術の高度化のために異常プリオンたんぱく質PrPSc特異抗体を用いて、異種伝播におけるプリオンの馴化とPrPScの構造の推移を明らかにした。また、免疫組織化学的手法において抗原の賦活化法とPrPScの反応性の変化を抗体のエピトープレベルで明らかにした。2)BSE実験感染牛におけるPrPScの体内分布をPMCA法を用いて超高感度に解析し、発症末期には末梢組織でもPrPScが検出できることが明らかとした。BSE感染牛の小腸におけるPrPScの存在を免疫学的手法により示した。非定型BSE実験感染牛におけるPrPScの組織分布を明らかにし、これまで不明であった非定型BSEプリオンの牛体内の蓄積部位を明らかにした。臨床症状末期の非定型BSE牛より生まれた産仔についてBSE感染が認められなかったことを報告した。3)プリオンの不活化技術と肉骨粉を含む家畜残さの肥料の有効利用を図るため、蒸製処理によるBSE感染性の減衰を定量的に分析するとともに、亜臨界水処理によってPrPScが不活化されることを明らかにした。また、肉骨粉処理工程では、プリオンたんぱくがほとんど不活化されないことを示した。4)羊スクレイピーの実験感染において、1頭のスクレイピー羊に性状の異なる複数のスクレイピー株が潜んでいることを明らかにし、宿主のプリオンたんぱく質以外の因子がこのプリオン株の選別に働くことを明らかにした。また、バキュロウイルス由来のPrPCを用いたPMCA法により、PrPScへの変換にはPrPCのGPIアンカーが必要であることを明らかにした。
研究分担(独)農業・食品産業技術総合研究機構,動衛研,プリオン病研究チーム
協力分担関係東北大学
北海道大学
東京医科大学
長崎大学大学院
東北大学大学院
(独)農業生物資源研究所
地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部畜産試験場
徳島大学
エジンバラ大学
予算区分技会交付金研究 イノベーション創出事業 委託・食の安全研究[鳥インフル・BSEプロ] 文科省[科研費] 厚労省競争的資金 その他
業績(1)Glycosylphosphatidylinositol (GPI) anchor-dependent stimulation pathway required for generation of baculovirus-derived recombinant scrapie prion protein
(2)プリオンの異種動物への馴化に伴う異常プリオン蛋白質の構造変化
(3)BSE異常プリオン蛋白質の超高感度検出技術の開発と体内分布
(4)Sensitive detection of scrapie prion protein in soil
(5)Sulfated dextrans enhance in vitro amplification of bovine spongiform encephalopathy PrP(Sc) and enable ultrasensitive detection of bovine PrP(Sc)
(6)Tracing conformational transition of abnormal prion proteins during interspecies transmission by using novel antibodies.
(7)Accumulation of L-type Bovine Prions in Peripheral Nervous Tissues
(8)Disease-associated prion protein in the dental tissue of mice infected with scrapie.
(9)Antigen retrieval using sodium hydroxide for prion immunohistochemistry in bovine spongiform encephalopathy and scrapie.
(10)Immunohistochemical detection of disease-associated prion protein in the intestine of cattle Naturally affected with bovine spongiform encephalopathy by using an alkaline-based chemical antigen retrieval method.
(11)Intraspecies prion transmission results in selection of sheep scrapie strains
(12)Examination of the Offspring of a Japanese Cow Affected with L-Type Bovine Spongiform Encephalopathy.
(13)Neuropathological changes in auditory brainstem nuclei in cattle with experimentally-induced bovine spongiform encephalopathy.
(14)Experimental transmission of H-type bovine spongiform encephalopathy to bovinized transgenic mice.
(15)Detection of disease-associated prion protein in the posterior portion of the small intestine involving the continuous peyer's patch in cattle orally infected with bovine spongiform encephalopathy agent.
(16)Characterization of discontinuous epitope of prion protein recognized by the monoclonal antibody T2
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030162424
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat