d.飼料・畜産物の生産段階における安全性確保技術の開発

d.飼料・畜産物の生産段階における安全性確保技術の開発

課題番号2010014940
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2010
大課題C 生産・加工・流通過程における汚染防止技術と危害要因低減技術の開発
中課題d.飼料・畜産物の生産段階における安全性確保技術の開発
小課題d.飼料・畜産物の生産段階における安全性確保技術の開発
大項目試験及び研究並びに調査に係る研究の推進方向
中項目ウ 食の安全・消費者の信頼確保と健全な食生活の実現に資する研究
摘要1)腸管出血性大腸菌の遺伝子変異機構の解明に関しては、21年度に引き続いて分子生物学的解析を実施し、新規たんぱく質IEE(IS excision enhancer)の働きにより挿入配列が除去され、ゲノムが多様化することを解明した。また、IEEのアミノ酸置換および欠失変異体を作製し、C末端側の他細菌種IEEホモログにも保存された領域が挿入配列の除去に必要なことを明らかにした。2)腸管出血性大腸菌の排菌を抑制する生菌剤評価系の開発に関しては、腸内フローラのメタゲノム解析に適したDNA抽出法を確立し、本法により16S rDNAを解析した結果、生後すぐに牛糞便を投与したSPF鶏の腸内フローラの大部分が、早い段階で糞便未投与鶏と同様のフローラに置換されることを明らかにした。3)腸管出血性大腸菌の生菌剤候補株の開発に関しては、候補大腸菌株の必須遺伝子を染色体からプラスミドへ移すことにより、生体内でのプラスミド保有率が大きく向上するが、これらの変異株は増殖速度が低下し、腸管への定着性が減少する傾向があることを明らかにした。4)サルモネラの防除技術の開発に関しては、20年度に開発した主要血清型迅速同定法は、臓器の増菌培養液から抽出したDNAを用いてもサルモネラを検出可能であることを示した。また、国内分離株の分子生物学的解析の結果から、本法は血清型 Typhimurium単相変異株同定法として利用できることを示した。5)カンピロバクターの防除技術の開発に関しては、カンピロバクターのhldD遺伝子は、細胞壁の正常な構造と機能を保つことで胆汁酸抵抗性と鶏腸管定着性に関与することを示唆した。6)かび毒の家畜への影響評価に関しては、豚はニバレノール経口投与により急性中毒を示し、血清IL-6およびコルチゾルの一過性増加、消化管粘膜上皮細胞およびリンパ組織リンパ球のアポトーシスを起こすことを明らかにした。7)環境汚染物質の毒性評価に関しては、多環芳香族炭化水素への塩素基付加により、変異原性のパターンが変化し、塩基置換型変異よりもフレームシフト型の変異を誘発することを示した。8)かび毒の簡易・迅速検出法の開発に関しては、デオキシニバレノールおよびニバレノールの新たな免疫用抗原を合成し、両者を認識するハイブリドーマならびに前者に特異的なマウス免疫血清を得た。また、デオキシニバレノールの蛍光トレーサーを合成し、その有用性を確認した。
研究分担(独)農業・食品産業技術総合研究機構,動衛研,安全性研究チーム
協力分担関係農業生物資源研究所
茨城大学
予算区分技会交付金研究 委託・食の安全研究[リスク低減プロ] 委託・先端技術[食品ナノテクプロ] 文科省[科研費] 厚労省競争的資金 その他
業績(1)Rapid identification of Salmonella enterica serovars, Typhimurium, Choleraesuis, Infantis, Hadar, Enteritidis, Dublin and Gallinarum, by multiplex PCR
(2)腸管出血性大腸菌O157ゲノムの多様化を引き起こす因子の発見
(3)Presence of unknown and known fluorinated organic compounds including PFOS in biological samples from Hong Kong Mai Po tidal shrimp pond, China
(4)Effect of perfluorooctane sulfonate (PFOS) exposure on viral infection in mice
(5)Characterization of antibiotic resistance and the emergence of ampC-producing Salmonella Infantis from pigs
(6)The first nationwide survey of persistent perfluorinated compounds in wild animal in Japan - wild rat -
(7)Molecular and phenotypic characteristics of Salmonella enterica serovar 4,5,12:i:- isolated from cattle and humans in Iwate Prefedture, Japan
(8)Identification of a key amino acid of LuxS involved in AI-2 production in Campylobacter jejuni
(9)Reversible conversion of epithelial and mesenchymal phenotypes in SV40 large T antigen-immortalized rat liver cell lines
(10)A novel isolation method for macrophage-like cells from mixed primary cultures of adult rat liver cells
(11)Molecular and phenotypic characteristics of CMY-2 β-lactamase-producing Salmonella enterica serovar Typhimurium isolated from cattle in Japan
(12)Fluorinated alkyl compounds including long chain carboxylic acids in wild bird livers from Japan
(13)The effects of acute exposure to deoxynivalenol on some inflammatory parameters in miniature pigs.
(14)Induction of apoptotic lesions in liver and lymphoid tissues and modulation of cytokine mRNA expression by acute exposure to deoxynivalenol in piglets.
(15)Insertion sequence-excision enhancer removes transposable elements from bacterial genomes and induces various genomic deletions
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030162433
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat