(1) 外来生物及び遺伝子組換え生物の生態系影響評価とリスク管理技術の開発

(1) 外来生物及び遺伝子組換え生物の生態系影響評価とリスク管理技術の開発

課題番号2010014995
研究機関名農業環境技術研究所
研究期間2006-2010
年度2010
大課題2) 農業生態系における外来生物及び遺伝子組換え生物のリスク管理技術の開発
中課題(1) 外来生物及び遺伝子組換え生物の生態系影響評価とリスク管理技術の開発
小課題(1) 外来生物及び遺伝子組換え生物の生態系影響評価とリスク管理技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1.試験及び研究並びに調査
摘要ア 外来生物の生態系影響評価とリスク管理技術の開発(1)外来植物の特性解明と被害予測 特定外来生物ナガエツルノゲイトウについて、千葉県印旛沼周辺の水田を対象とした3年間にわたる現地調査結果から、水田域で、前年分布範囲や用水路網の影響を受けながら分布拡散していること、田面よりも畦畔で生育量が多いことを明らかにした。この結果は、本種が用水路等を通じて拡散することや、隣接する水田から畦畔を越えて広がっていることを示唆するものであり、本種が各地の河川や湖沼で広がりつつあるなか、今後、農業水路や水田に侵入、蔓延して農業生産や周囲の生態系に影響を及ぼすことを未然に防止するための重要な知見となる。 輸入穀物に含まれている雑草種子の調査の結果、西オーストラリア産の輸入小麦に除草剤抵抗性の雑草(ボウムギ)種子が混入している事を初めて確認した。今回抵抗性が確認された除草剤は我が国では使用されていないか使用頻度が低いものであり、ボウムギが難防除雑草化する可能性は低いと考えられた。しかし、本成果は、我が国が様々な国から輸入している大量の穀物に除草剤抵抗性雑草種子が混入している可能性を示唆するものとして重要な知見である。(2)外来生物のリスク管理技術 セイタカアワダチソウが優占する耕作放棄地において、アルミニウム資材などを投入することによって土壌を酸性化・貧栄養化させ、セイタカアワダチソウを長期的に減衰させ、チガヤなど在来植物が優占する草地に誘導する技術を開発した。イ 遺伝子組換え生物の生態影響評価とリスク管理技術の開発(1)生物多様性影響評価研究(野生化、交雑性研究) 遺伝子組換えセイヨウナタネの生物多様性影響評価に資する情報を得るため、ナタネ陸揚げ港である茨城県鹿島港におけるナタネの分布と個体群の動態を調査すると共に、ほ場での他草種との競合実験を行った。その結果、セイヨウナタネが周辺群落に侵入し、拡散する傾向は観察されず、中央分離帯で突発的に個体数が増加することはあるが、群落の繁茂が進むとナタネ個体数は少なくなった。この傾向は、圃場での競合実験に基づき作成された一般化線形混合モデルによる結果と同様であった。(2)共存研究(交雑抑制研究) ダイズは自殖性の作物であり、わずかに生じる他殖も虫媒によるものと考えられているが、風媒の可能性も否定できないことから、圃場においてダイズ花粉の空中飛散量を調査した。その結果、野外ほ場での花粉の空中飛散量はきわめて少なく、風洞施設での調査においてもその飛散距離は、花粉のサイズから予測した飛散距離よりも短く、ダイズ花粉は飛散しにくいことが明らかとなった。本成果は、遺伝子組換えダイズ栽培時の非組換えダイズとの交雑防止手段の開発に寄与するものである。 花粉放出率の日変動および開花期間中の花粉の寿命を考慮して、風媒作物の花粉の拡散による交雑率分布を推定するための3次元数値モデルを開発した。このモデルを利用することにより、ほ場条件での交雑分布率の数値シミュレーションが可能となった。トウモロコシ試験区について行ったシミュレーションの結果は、花粉親からの距離に伴う交雑率の低下や、防風施設による交雑抑制効果をおおむね再現し有効性を確認できた。
研究分担(独)農業環境技術研究所,生物多様性研究領域
予算区分技会交付金研究 イノベーション創出事業 委託・環境研究[生物多様性プロ] 委託・その他プロ 技会・その他 消費・安全局[レギュラトリー・サイエンス] 農水省・その他 環境省競争的資金 その他他省庁経費 その他
業績(1)Unusually high levels of bio-available phosphate in the soils of Ogasawara Islands, Japan: Putative influence of seabirds
(2)Hybridization between GM soybean (Glycine max (L.) Merr.) and wild soybean (Glycine soja Sieb. et Zucc.) under field conditions in Japan
(3)イネの穂ばらみ期冷温による不稔発生条件下における遠隔距離と交雑率の関係
(4)Estimation of the dispersal ability of Melanotus okinawensis (Coleoptera: Elateridae) larvae in soil
(5)Contamination of internationally traded wheat by herbicide-resistant Lolium rigidum
(6)Influence of aphid?host plant pairs on the survivorship and development of the multicolored Asian ladybird beetle: implications for the management of vegetation in rural landscapes
(7)Adaptive management of sika deer populations in Hokkaido, Japan: theory and practice
(8)Evaluation of total allelopathic activity of heartseed walnut (Juglans ailanthifolia Carr.) and its potential to control black locust (Robinia pseudo-acacia L.)
(9)Three-dimensional prediction of maize pollen dispersal and cross-pollination, and the effects of windbreaks
(10)Influence of irradiation on dispersal ability and survival rate in the sugarcane click beetle Melanotus okinawensis Ohira (Coleoptera: Elateridae)
(11)Persistence of Feral Populations of Brassica napus Originated from Spilled Seeds around the Kashima Seaport in Japan
(12)Wind tunnel and field assessment of pollen dispersal in Soybean [Glycine max (L.) Merr.]
(13)Estimation of the process invaded by accidentally introduced strains of Abutilon theophrasti into Japan: Temporal change of chloroplast DNA haplotype frequencies across a century
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030162462
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat