親エビ育成飼料および性成熟促進飼料の開発とその評価

親エビ育成飼料および性成熟促進飼料の開発とその評価

課題番号2010015078
研究機関名国立大学法人鹿児島大学水産学部
研究期間2006-2010
年度2010
小課題親エビ育成飼料および性成熟促進飼料の開発とその評価
摘要フコイダン、イノシトール及びコリンのクルマエビに対する飼料効果を調べ、フコイダンはエビの成長を向上させること、生残と成長にイノシトールが必要なこと及びイノシトールとコリンは交互作用を示すことを明らかにした。また、クルマエビから分離したプロバイオティックスが成長促進効果を示すことも明らかにした。さらに、ゴカイ粉末、高度不飽和脂肪酸を多く含む脂質源、ビタミンC及びビタミンEを添加することにより、活ゴカイに近い催熟効果、ふ化率及び幼生生残率の優れた飼料が開発可能であることを示した。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)Influence of dietary fucoidan supplementation on growth and immunological response of juvenile Marsupenaeus japonicus.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030162522
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat