飼料由来のプリオン病関連ペプチドの探索とライブラリー構築

飼料由来のプリオン病関連ペプチドの探索とライブラリー構築

課題番号2010015115
研究機関名東京農業大学短期大学部
研究期間2007-2011
年度2010
小課題飼料由来のプリオン病関連ペプチドの探索とライブラリー構築
摘要組換え体bPrPを用いたアッセイ系で、尿素、温度、反応時間の条件を検討することにより構造変化を再現性良く観測できるようになった。この系にハイペップ研究所で合成したプリオン蛋白質由来の一連ペプチドを供することにより、構造変化が起こるまでのラグタイムに差があり、toxic領域を含むペプチドが構造変化を引き起こしやすいことを示した。また蛍光強度アッセイをマルチタイタープレートで行う系を立ち上げた。
予算区分イノベーション創出事業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030162559
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat