メカノケミカル連続粉砕システムの開発

メカノケミカル連続粉砕システムの開発

課題番号2010015134
研究機関名(株)アーステクニカ
研究期間2008-2010
年度2010
小課題メカノケミカル連続粉砕システムの開発
摘要1L機を元に100L連続機製作と性能検証を行い、糖化率60%以上のキチン粉末10kg/dayの製作を実証した。キチン粉末のスペクトルを連続測定する事で、現地での結晶化度予測を実現した。100L連続式の運転データから粉砕コストを算出した。加熱による糖化率向上検証では、キチンの適温加熱による糖化率の向上を確認した。粉砕熱をミスト冷却で温度制御する事で、糖化率の高い粉末の製作効率を改善した。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)Development of innovative technologies to decrease the environmental burdens associated with using chitin as a biomass resource: mechanochemical grinding and enzymatic degradation
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030162578
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat