酸化ストレス耐性バイオエタノール酵母の作製と発酵特性の解明

酸化ストレス耐性バイオエタノール酵母の作製と発酵特性の解明

課題番号2010015165
研究機関名独立行政法人酒類総合研究所
研究期間2009-2011
年度2010
小課題酸化ストレス耐性バイオエタノール酵母の作製と発酵特性の解明
摘要従来の知見から酸化ストレス耐性になると推定できる遺伝子の破壊又は過剰発現を行った。また、作製した菌株について発酵試験を行った。さらに、先行研究から、破壊により清酒もろみでの高発酵性が見出された遺伝子についても、バイオエタノール酵母を用いた破壊株を作製し、発酵試験を行った。その結果、抗酸化酵素遺伝子の過剰発現株並びに酸性トレハラーゼ、抗酸化酵素及びプロテインキナーゼ遺伝子の破壊株では糖蜜を用いた発酵試験において親株より発酵速度が向上することを見出した。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)
(2)Enhancement of the initial rate of ethanol fermentation due to dysfunction of yeast stress response components Msn2p and/or Msn4p.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030162609
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat