睡眠改善機能を持つ候補素材の作用メカニズムの解明

睡眠改善機能を持つ候補素材の作用メカニズムの解明

課題番号2010015170
研究機関名財団法人大阪バイオサイエンス研究所
研究期間2009-2011
年度2010
小課題睡眠改善機能を持つ候補素材の作用メカニズムの解明
摘要サフラン、カカオエキス、イチョウ葉等の睡眠作用メカニズムの解明に取り組み、ホノキオールによる睡眠作用は生理的な睡眠に類似し、脳内の睡眠中枢を活性化し、覚醒中枢を抑制することを明らかにした。サフラナールに鎮静薬ペントバビタールを併用すると、睡眠相乗作用を発揮し、睡眠中枢が活性化することを明らかにした。また、カフェインの作用部位であるA2A受容体遺伝子欠損マウスを用い、カカオエキス構成成分の覚醒効果が用量依存的に変化することを示した。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)
(2)Essential role of dopamine D2 receptor in the maintenance of wakefulness, but not in homeostatic regulation of sleep, in mice
(3)Humoral mechanisms of sleep-wake regulation: Historical review of prostaglandin D2 and related substances
(4)Prostaglandin D2 and adenosine as endogenous somnogens
(5)Key roles of the histaminergic system in sleep-wake regulation
(6)Genetic dissection of neural circuitry regulating behavioral state using conditional transgenics
(7)Overview of sleep and sleep medicine in Asian countries
(8)The role of adenosine in the regulation of sleep
(9)Lipocalin-type prostaglandin D synthase is associated with coronary vasospasm and vasomotor reactivity in response to acetylcholine
(10)Selection of optimal epoch duration in assessment of rodent sleep-wake profiles
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030162614
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat