仔ウシへの投与によるチーズホエイの腸感染症予防、軽減化の有効性評価(黒毛和種)

仔ウシへの投与によるチーズホエイの腸感染症予防、軽減化の有効性評価(黒毛和種)

課題番号2010015175
研究機関名独立行政法人家畜改良センター
研究期間2009-2011
年度2010
小課題仔ウシへの投与によるチーズホエイの腸感染症予防、軽減化の有効性評価(黒毛和種)
摘要高濃度・短期給与試験:試験区は、離乳時の56日齢体重が対照区に比べ大きかったが有意差はなく、体高においても有意差はなかった。両区とも下痢の発生はなかった。低濃度・長期間給与試験:試験区は、14〜56日齢体重が対照区に比べ有意に大きな値を示した。体高は試験区が対照区に比べ大きな値を示したが有意な差はなかった。両区ともに下痢の発生はなかった。以上の二つ試験において、成長に関する指標では試作ホエイ濃縮物の投与効果が示されたものの、下痢発症の有無による効果の判定はできなかった。
予算区分イノベーション創出事業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030162619
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat