生殖機構の解明によるバナメイ親エビの人為催熟技術の開発

生殖機構の解明によるバナメイ親エビの人為催熟技術の開発

課題番号2010015176
研究機関名独立行政法人国際農林水産業研究センター
研究期間2009-2011
年度2010
小課題生殖機構の解明によるバナメイ親エビの人為催熟技術の開発
摘要VgおよびVIHの測定系を用いて実際の血中濃度を測定し、成エビのVg濃度測定によって脱皮周期と成熟との関連を明らかにした。亜成エビのVg濃度は脱皮ステージを通じて脱皮間期の成エビのそれと同程度に低かった。VIH濃度については測定系の改善、血液サンプルの前処理の検討を要する。肝膵臓の組織培養による成熟促進物質の探索条件を決定した。farnesoic acidにvg遺伝子発現を増加させる傾向を確認した。vih遺伝子のノックダウンによる成熟促進に必要なdsRNAを合成した。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)閉鎖循環式養殖システムで飼養したバナメイエビと他のエビ類における筋肉中遊離アミノ酸含量の比較
(2)Molecular cloning and characterization of Dmc1, a gene involved in gametogenesis, from the whiteleg shrimp Litopenaeus vannamei
(3)Reproductive mechanisms in Crustacea focusing on selected prawn species: Vitellogenin structure, processing and synthetic control
(4)Difference in light perception capability and spectral response between juveniles and sub-adults of the whiteleg shrimp Litopenaeus vannamei as determined by electroretinogram (ERG)
(5)Na/K-ATPase activity and osmo-ionic regulation in adult whiteleg shrimp Litopenaeus vannamei exposed to low salinities
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030162620
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat