MAMPs信号伝達系の鍵転写因子の発現誘導・機能強化による病害抵抗性増強技術の確立

MAMPs信号伝達系の鍵転写因子の発現誘導・機能強化による病害抵抗性増強技術の確立

課題番号2010015205
研究機関名東京大学 生物生産工学研究センター
研究期間2010-2012
年度2010
小課題MAMPs信号伝達系の鍵転写因子の発現誘導・機能強化による病害抵抗性増強技術の確立
摘要病害抵抗性増強技術の確立に必要な材料として、OsWRKY53の野生型および活性型、あるいは野生型OsTGAP1を過剰発現する形質転換体を多数作出し、次年度からの病害抵抗性試験の準備を進めた。さらに、OsWRKY53のN末側に存在するセリン残基がOsMKK4-OsMPK6で構成されるMAPキナーゼ系によってリン酸化修飾を受けることを明らかにし、また、OsTGAP1の過剰発現によって、ファイトアレキシン生産や病害抵抗性遺伝子群の発現誘導に対しプライミング効果を付与できることを示した。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)Phytoalexin accumulation in the interaction between rice and the blast fungus.
(2)Regulation of microbe-associated molecular pattern-induced hypersensitive cell death, phytoalexin production, and defense gene expression by calcineurin B-like protein-interacting protein kinases, OsCIPK14/15, in rice cultured cells.
(3)A rice fungal MAMP-responsive MAPK cascade regulates metabolic flow to antimicrobial metabolite synthesis.
(4)Effects of cytokinin on production of diterpenoid phytoalexins in rice.
(5)Two LysM receptor molecules, CEBiP and OsCERK1, cooperatively regulate chitin elicitor signaling in rice.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030162649
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat