RNA篩管長距離輸送機構による接ぎ木園芸作物の新規品種改良技術の開発

RNA篩管長距離輸送機構による接ぎ木園芸作物の新規品種改良技術の開発

課題番号2010015238
研究機関名弘前大学
研究期間2007-2011
年度2010
小課題RNA篩管長距離輸送機構による接ぎ木園芸作物の新規品種改良技術の開発
摘要リンゴ台木品種マルバカイドウへ矮性化等の遺伝子を導入し、接ぎ木を介した台木から穂木へのphtRNAによる穂木形質の改変を試みた。ウイロイド抵抗性作物の開発について、転換体系統を獲得し、抵抗性の確認、抵抗性試験法の確立等を試みた。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)
(2)
(3)Apple phloem cells contain some mRNAs transported over long distances.
(4)GIBBERELLIC ACID INSENSITIVE mRNA transport in both directions between stock and scion in Malus.
(5)Graft-transmitted siRNA signal from root induces visual manifestation of endogenous post transcriptional gene silencing in the scion.
(6)Endogenous gene silencing by siRNA transported for long-distance across graft unions.
(7)Grafting and RNA transport via phloem tissue in horticultural plants.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030162682
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat