食品の安全性評価用P450酵素の調製

食品の安全性評価用P450酵素の調製

課題番号2010015256
研究機関名神戸大学遺伝子実験センター
研究期間2007-2011
年度2010
小課題食品の安全性評価用P450酵素の調製
摘要ヒトP450酵素について新たにCYP4X1,CYP2W1,CYP4F12,CYP4F2、SYP17A1の5種を大腸菌へと発現させた。新たに7種のP450発現大腸菌をメルシャン(株)へ供給した。ヒトP450含有膜画分を調製し、(独)産総研へ供給した。また、43種の遺伝子多型ヒトP450を作製した。メルシャン(株)から供給された安全評価用P450代謝標品5種についてウム試験により安全性を評価した。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)
(2)Synthesis of optically active strigolactones: Enzymatic resolution and asymmetric hydroxylation
(3)Glucose concentration determination based on silica sol-gel encapsulated glucose oxidase optical biosensor arrays,
(4)The effects of single nucleotide polymorphisms in CYP2A13 on metabolism of 5-methoxypsolaren,
(5)食品の安全性評価へのバイオセンサーの利用
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030162700
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat