レトロエレメントの解析と高度利用に向けた基盤技術の開発

レトロエレメントの解析と高度利用に向けた基盤技術の開発

課題番号2010015291
研究機関名京都大学ウイルス研究所
研究期間2008-2012
年度2010
小課題レトロエレメントの解析と高度利用に向けた基盤技術の開発
摘要各種内在性レトロウイルスのウイルス受容体の探索の結果、RD-114ウイルスのイヌ受容体候補遺伝子の全長クローニングに成功した。新規ベクター開発においては、有袋類由来レトロウイルスであるコアラレトロウイルス(KoRV)を用いた新規パッケージング細胞やネコの内在性レトロウイルスであるRD-114ウイルスのEnvを用いたパッケージング細胞の樹立に成功した。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)Isolation of an infectious endogenous retrovirus in a proportion of live attenuated vaccines for pets.
(2)Expression of complement regulatory protein on porcine endogenous retrovirus (PERV) depends on molecular size.
(3)Characterization of RD-114 Virus Isolated from a Commercial Canine Vaccine Manufactured Using CRFK Cells.
(4)Differential diagnosis of feline leukemia virus subgroups using pseudotype viruses expressing green fluorescent protein.
(5)An endogenous murine leukemia viral genome contaminant in a commercial RT-PCR Kit is amplified using standard primers for XMRV.
(6)Identification of novel endogenous betaretroviruses which are transcribed in the bovine placenta.
(7)Epigenetic regulation on the 5'-proximal CpG island of human porcine endogenous retrovirus subgroup A receptor 2/GPR172B.
(8)Susceptibility and production of a feline endogenous retrovirus (RD-114 virus) in various feline cell lines.
(9)Isolation of Koala Retroviruses from Koalas in Japan.
(10)動物用生ワクチン中に混入するRD114ウイルス
(11)Endogenous retroviruses as potential hazards for vaccines
(12)動物用生ワクチンに混入する感染性レトロウイルス
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030162735
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat