細胞質不和合性の機構解明

細胞質不和合性の機構解明

課題番号2010015308
研究機関名神戸大学
研究期間2008-2012
年度2010
小課題細胞質不和合性の機構解明
摘要細胞質不和合性の菌株間での各種阻害剤の選抜試験から、亜鉛を含む化合物の培地添加によりウイルス移行が可能となった。紋羽病菌の細胞質不和合性細胞死の過程を詳細に観察し、アポトーシスのような秩序だったものではないこと、液胞崩壊が引き金になっていること、不和合性反応が引き起こされるタイミングは保有する遺伝子により異なること、相手の菌株認識は分泌シグナルを介して細胞表面で行われていることなど、新たな細胞死のカテゴリーを見出した。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)Comparison of electron staining method between uranyl acetate and hafnium chloride for biolgoical specimen.
(2)Cytological analysis of mycelial incompatibility in Rosellinia necatrix.
(3)Cytological analysis of mycelial incompatibility in Helicobasidium mompa.
(4)Fixation method for ultrastructural observation of fungal cells.
(5)Ultrastructural analysis of mycelial incompatibility in Rosellinia necatrix.
(6)More than 0.2% water involved in unpolymerized Spurr’s resin mixture causes sectioning defects in ultrathin sections of plant and fungal cells.
(7)Genetic analysis of barrage line formation during mycelial incompatibility in Rosellinia necatrix.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030162752
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat