超低燃費航行を実現するハイドロゲルを用いた船底塗料の開発

超低燃費航行を実現するハイドロゲルを用いた船底塗料の開発

課題番号2010015460
研究機関名(国)奈良女子大学,(財)電力中央研究所,(財)大地みらい基金,エステン化学研究所,(国)東京農工大学
研究期間2008-2010
年度2010
小課題超低燃費航行を実現するハイドロゲルを用いた船底塗料の開発
摘要(1)ハイドロゲルの基本組成をほぼ完成させるとともに,防汚性能向上の一法として,2液混合系に第3成分として,防汚性ポリマーの溶液や市販の船底塗料で多用されている亜酸化銅などの防汚顔料を分散剤ポリマーで分散した溶液を混合する手法を開発した。また,開発研究実施期間を通じて,ハイドロゲル塗膜合成への原料供給を行った。(2)ブリスター(ふくれ)の発生を抑えた,乾燥性の良い,優れた膜物性をもつハイドロゲルを刷毛塗り作業により塗膜化する手法を開発した。ハイドロゲル塗膜の物性評価,省エネルギー効果,各海域における実用性評価などの結果を「ハイドロゲル素材の開発」にフィードバックし,開発研究を促進した。また,漁船漁業者や造船業者から船底塗料に関わる情報収集と意見交換をおこない,本研究開発に関わる製品化への方向性を明確にした。(3)工業的生産技術の開発として,プレゲルポリマー溶液合成のミニパイロットプラントへのスケールアップ並びに防汚顔料の分散に成功した。製品化に向けて重要な実船での評価を実施し,製品化に向けての課題を明らかにした。(4)(5)
予算区分新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業
業績(1)Anti-barnacle activity of novel simple alkyl isocyanides derived from citronellol
(2)First Total Synthesis of 10-isocyano-4-cadinene and Determination of its absolute Configration
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030162904
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat