機能性飼料としての利用が期待できるアントシアニンとうもろこし系統の開発

機能性飼料としての利用が期待できるアントシアニンとうもろこし系統の開発

課題番号2010015694
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構九州沖縄農業研究センター
研究期間2010-2014
年度2010
小課題機能性飼料としての利用が期待できるアントシアニンとうもろこし系統の開発
摘要とうもろこし高アントシアニン自殖系統「AIM-1」「AIM-2」「AIM-3」の特性評価を行い、「AIM-3」等を片親とする27組合せのF1について、収量・病害抵抗性・アントシアニン含量・抗酸化能指標値を測定した。また、アントシアニン含有自殖系統を片親とする43通りの新たなF1組合せを作成した。
予算区分委託・食料自給率向上研究[国産飼料プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030163132
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat