飼料用稲−麦の省力栽培に対応した効率的雑草防除法の開発

飼料用稲−麦の省力栽培に対応した効率的雑草防除法の開発

課題番号2010015724
研究機関名(独)農業・食品産業技術研究機構
研究期間2010-2014
年度2010
小課題飼料用稲−麦の省力栽培に対応した効率的雑草防除法の開発
摘要(1)稲発酵粗飼料生産・給与技術マニュアル記載の除草剤のクサネムに対する防除効果を明らかにした。(2)乾田直播栽培において播種法の違いが雑草の生育に影響を及ぼすこと明らかにした。(3)大麦発酵粗飼料への混入により,スズメノテッポウ,カズノコグサなど主要麦作雑草は,飼料品質に悪影響を及ぼすことを明らかにした。
予算区分委託・食料自給率向上研究[国産飼料プロ]
業績(1)暖地における飼料用イネ品種の除草剤感受性
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030163162
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat