有色素米等の機能性を活用した繁殖豚の暑熱ストレス低減技術の開発

有色素米等の機能性を活用した繁殖豚の暑熱ストレス低減技術の開発

課題番号2010015837
研究機関名山形大学農学部,(独)農研機構 九州沖縄農業研究センター
研究期間2010-2014
年度2010
小課題有色素米等の機能性を活用した繁殖豚の暑熱ストレス低減技術の開発
摘要 有色素米の成分分析および消化性の分析を行い、アミノ酸の有効含量を求めるとともに、有色素米の機能性について検討した。米は、白米、赤米、黒米の3種の玄米を用いた。回腸末端T字カニューレ豚を供試して消化率を求めた。測定した必須アミノ酸(Arg, His, Ile, Leu, Lys, Phe, Thr, Val)の消化率には、米の違いによる有意差は見られず、可消化アミノ酸含量にも大きな差はなかった。試験管内での人工消化後の遠心上清中の抗酸化能(TAS)を測定したところ、赤米からは白米の1.3倍程度の、黒米からは白米の6倍程度の抗酸化物質が溶出することが確認された。以上の結果から、暑熱環境下の繁殖豚で抗酸化能の摂取を期待する場合、赤米より黒米の方が適していることが明らかになった。
予算区分委託・食料自給率向上研究[国産飼料プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030163275
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat