低硝子率化に有効な胚乳形質の特性解明と高色相・多収大麦品種の育成

低硝子率化に有効な胚乳形質の特性解明と高色相・多収大麦品種の育成

課題番号2010015880
研究機関名農研機構・作物研究所
研究期間2010-2014
年度2010
小課題低硝子率化に有効な胚乳形質の特性解明と高色相・多収大麦品種の育成
摘要大麦の破砕澱粉粒変異(以下fra)系統の簡易選抜法について検討を行い、小型精米器による少量搗精法は従来法である穀粒横断器による目視評価と比べて、効率的にfra 系統が選抜できることが明らかとなり、この方法を用いて育成系統の選抜をすすめた。
予算区分委託・食料自給率向上研究[水田プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030163317
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat