バレイショ全粒種いもを用いた栽培技術と高能率収穫に向けた収穫技術の確立

バレイショ全粒種いもを用いた栽培技術と高能率収穫に向けた収穫技術の確立

課題番号2010015935
研究機関名北海道農業研究センター
研究期間2010-2011
年度2010
小課題バレイショ全粒種いもを用いた栽培技術と高能率収穫に向けた収穫技術の確立
摘要ばれいしょの空洞粒発生には品種間差、培土時期の差が顕著であった。また、ばれいしょの全粒種いも生産において、植え付け前のジベレリン処理は収量の低下を招かずにいも数を増加させて全粒規格割合を増加させた。
予算区分委託・食料自給率向上研究[水田プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030163372
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat