新規調理用および加工用多収水稲品種の育成

新規調理用および加工用多収水稲品種の育成

課題番号2010016136
研究機関名(独)農業・食品産業技術総合研究機構(中央農業総合研究センター)
研究期間2006-2010
年度2010
小課題新規調理用および加工用多収水稲品種の育成
摘要米製品の多様化および新規米製品の開発に寄与する新規穀粒特性を有する多収の品種を育成すると同時に、品種を素材とした新製品の開発を民間企業と共同で行う。その結果、「北陸225号」の炊飯米は「コシヒカリ」と比べてやや硬く、やや粘りが少ないため、寿司に好適であり、さらに高温登熟性に優れることから、新品種候補とした。また、「北陸酒203号」は、高度精米耐性を有する酒造用系統で、製造した清酒は淡麗で、泡盛は口当たりのソフトな「軽快」で「華やか」な酒となることから、清酒用、泡盛用として新品種候補とした。
予算区分委託・食料自給率向上研究[加工プロ]
業績(1)高温耐性に優れ、寿司米に向く水稲新品種候補系統「北陸225号」(技術・参考)
(2)清酒および泡盛に向く酒造好適米新品種候補系統「北陸酒203号」(技術・参考)
(3)カレー用調理米飯向き水稲新品種「華麗舞」の育成
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030163571
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat