炭素収支と温室効果ガス排出・吸収量の精密測定

炭素収支と温室効果ガス排出・吸収量の精密測定

課題番号2010016192
研究機関名農業環境技術研究所,農業環境技術研究所,北海道大学,岩手大学,宮崎大学,北海道立総合研究機構
研究期間2010-2014
年度2010
小課題炭素収支と温室効果ガス排出・吸収量の精密測定
摘要全国各地の採草地・飼料畑でのモニタリング、炭素収支測定法間の比較検証を行いデータを蓄積した。
予算区分委託・環境研究[地球温暖化対策プロ]
業績(1)家畜ふん尿利用に基づく施肥対応
(2)DNDCモデルによる根釧地方火山灰草地におけるN2O発生量予測結果に及ぼす各種要因の影響
(3)草地土壌の温室効果ガス・シンク・ソース機能
(4)草地の植生と炭素収支の季節変化
(5)堆肥または化学肥料を散布した草地からのメタン、亜酸化窒素の発生量の経年変化
(6)Effect of chemical fertilizer and manure application on N2O emission from reed canary grassland in Hokkaido,Japan
(7)N2O and CH4 emissions from glassland treated with bark-or sawdust -containing maneru at different retes
(8)Mitrous oxide emissions and nitrogen cycling in managed grassland in Southern Hokkaido,Japan
(9)北海道東部の粗飼料生産過程における温暖化負荷の評価
(10)土壌診断に基づく施肥対応
(11)わが国の草地・飼料畑土壌における炭素蓄積量の試算
(12)Effect of farmyard manure and fertilizer application on N2O and CH4 fluxes from volcanic grassland soil in Nasu,Japan
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030163619
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat