家畜排せつ物の処理過程における温室効果ガス排出削減技術の開発

家畜排せつ物の処理過程における温室効果ガス排出削減技術の開発

課題番号2010016199
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構 畜産草地研究所,農業・食品産業技術総合研究機構 畜産草地研究所,農業・食品産業技術総合研究機構 北海道農業研究センター,佐賀県畜産試験場,北海道立総合研究機構
研究期間2010-2014
年度2010
小課題家畜排せつ物の処理過程における温室効果ガス排出削減技術の開発
摘要完熟堆肥添加法等、N2O削減型堆肥化管理方法の具体化と削減効果の情報が得られた。汚水浄化のN2O発生を抑制するためにNO2,NO3集積を再現可能なモデルを構築した。
予算区分委託・環境研究[地球温暖化対策プロ]
業績(1)Characterization and spatial distribution of becterial communities within passively aerated cattel manure composting piles
(2)Nitrous oxide emissions from cattle manure composting process
(3)間欠曝気式活性汚泥法による養豚汚水処理の窒素除去モデル
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030163626
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat