D3312 家畜排せつ物を利用した低塩類堆肥及び成分調整堆肥の製造技術の開発

D3312 家畜排せつ物を利用した低塩類堆肥及び成分調整堆肥の製造技術の開発

課題番号2010016319
研究機関名独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構,神奈川県農業技術センター
研究期間2007-2011
年度2010
小課題D3312 家畜排せつ物を利用した低塩類堆肥及び成分調整堆肥の製造技術の開発
摘要低塩類堆肥の利用場面でのメリットを明確化するため、H21年度に開始したハウス内コマツナ栽培を継続した結果、低塩類堆肥施用区では化肥単用区と同程度に土壌の塩類集積が低減され、土壌物理性改善効果も認められた。また、花卉鉢物育苗培養土としての利用可能性を示すため、パンジーの育苗試験を実施したところ、赤土と低塩類堆肥を同量混合した場合、慣行培養土と同等の生育を示し開花到達までの日数が短縮傾向にあった。成分調整堆肥のリン酸・カリ成分代替効果を明らかにするため、コマツナのポット栽培試験やスイートコーンの圃場栽培試験を実施したところ、化学肥料と同等ないし同等以上の生育・養分吸収が認められた。以上により、堆肥利用方法に関する暫定マニュアルを作成した。
予算区分委託・環境研究[バイオマスプロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030163742
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat