Cm5500 カンショのエタノール生産を核とした資源循環システムの策定・評価

Cm5500 カンショのエタノール生産を核とした資源循環システムの策定・評価

課題番号2010016320
研究機関名独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2007-2011
年度2010
小課題Cm5500 カンショのエタノール生産を核とした資源循環システムの策定・評価
摘要エタノール用カンショ生産を導入できる経営モデルとエタノール生産を核とした地域資源循環システム(プロトタイプ)を策定するため,実施調査,線形計画法等により研究を進めた。その結果,高単収直播品種,大型畝に対応した直播機・収穫機等の開発を前提にすると,2万円/10a程度の収入確保が条件となり,副産物収入または約5円/kgの補助が必要であることが明らかになった。また,新技術の省力効果により経営可能面積は3-5割程度増加し,耕作放棄地の再利用の可能性が示唆された。さらに,エタノール用カンショ20,000t/年・13.1円/kg,エタノール3,333KL/年・140円/L,全副産物の商品化を前提としてエタノール生産を導入すると鹿児島県内の生産額は12.4億円程度増加すると推計した。
予算区分委託・環境研究[バイオマスプロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030163743
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat