1224 ソルガム等イネ科作物の茎葉部分成分の解析

1224 ソルガム等イネ科作物の茎葉部分成分の解析

課題番号2010016341
研究機関名独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2007-2011
年度2010
小課題1224 ソルガム等イネ科作物の茎葉部分成分の解析
摘要エタノール生産効率を向上するために、イネ、サトウキビ、ソルガムの茎部細胞壁成分の変異とこれが糖化効率に及ぼす影響を明らかにした。その結果、各細胞壁成分には、作物、品種間で、幅広い変異があった。また細胞壁成分中のセルロース糖化効率は、リグニン含有率が低いほど高まる傾向があった。イネと、リグニン合成変異を有する褐色中脈変異のソルガム「九州交4号」は、リグニン含有率が低く、セルロース糖化効率が高いことを明らかにした。
予算区分委託・環境研究[バイオマスプロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030163764
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat