1311 直播栽培カンショ多収化のための養分吸収・生育モデル構築と施肥管理技術の開発

1311 直播栽培カンショ多収化のための養分吸収・生育モデル構築と施肥管理技術の開発

課題番号2010016342
研究機関名独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2007-2011
年度2010
小課題1311 直播栽培カンショ多収化のための養分吸収・生育モデル構築と施肥管理技術の開発
摘要バイオエタノール原料としてカンショを利用するため養分収支に基づいた有機質肥料による肥培管理技術の開発を行い、大型畦多条様式と組合わせた直播栽培作業体系の評価を行った。有機物による施肥管理法は慣行の化学肥料による管理と同等の収量を示し、化学肥料から堆肥などの有機物に置き換えが可能であった。このことは生産費の削減に大きく貢献し、現行の慣行直播体系に導入すれば88,000円/10aを下回る生産費の実現が可能であることが試算された。また、大型多条植えの省力化への寄与は現状では小さいが、対応する機械開発により大幅な省力化が見込まれることが示唆された。
予算区分委託・環境研究[バイオマスプロ]
業績(1)大型畦・2条植え栽培様式による「ムラサキマサリ」直播栽培の収量性
(2)サツマイモ品種「ムラサキマサリ」の2分割いも苗の移植栽培による収量向上
(3)「ムラサキマサリ」直播用種イモ生産に適する栽植密度
(4)Transplantation of Half-Cut Tuber Seedlings Provides Enhanced Yields Over Conventional Sprouted-Vine Planting in Sweet Potato Cultiver "Murasakimasari
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030163765
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat