黒潮続流域における混合層長期変動とその要因

黒潮続流域における混合層長期変動とその要因

課題番号2010016474
研究機関名独立行政法人水産総合研究センター,東京大学
研究期間2007-2011
年度2010
小課題黒潮続流域における混合層長期変動とその要因
摘要マイワシの生き残りが悪かった1988-1994の混合層浅化と高温化の要因を分析し、主要因は流速増加であり次に海面冷却の弱化であることが明らかになった。黒潮流軸付近のMLD・SST変動に連動した変化は黒潮流軸周辺から南の広い海域に及んでおり黒潮・黒潮続流付近の卵稚仔やモード水形成に大きな影響を与えていると推察された。
予算区分委託・環境研究[海洋生物大発生プロ]
業績(1)Water Mass Structure of Warm and Cold Anticyclonic Eddies in the Western Boundary Region of the Subarctic North Pacific
(2)Environmental variability and growth histories of larval Japanese sardine (Sardinops melanostictus) and Japanese anchovy (Engraulis japonicus) near the frontal area of the Kuroshio
(3)Methyl halides in surface seawater and marine boundary layer of the northwest Pacific
(4)Fine- and microstructure observations in the Urup Strait, Kuril Islands, during August of 2006
(5)Characteristics of mesoscale eddies in the Kuroshio-Oyashio Extension regions detected from the distribution of the sea surface height anomaly.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030163893
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat