牛腸管上皮細胞のプリオン侵入と伝播機構の解明

牛腸管上皮細胞のプリオン侵入と伝播機構の解明

課題番号2010016549
研究機関名(独)農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究所,国立大学法人東北大学
研究期間2008-2012
年度2010
小課題牛腸管上皮細胞のプリオン侵入と伝播機構の解明
摘要M細胞に分化したBIE細胞がウシPrP結合磁気ビーズを取り込んだ小胞より、aldolaseAを同定した。AldolaseAはウシ回腸パイエル板M細胞及び咽頭鼻腔上皮において発現し、その発現部位は管腔側頂端部に集中しており、ウシPrPタンパク質と親和性を有することを確認した。
予算区分委託・食の安全研究[鳥インフル・BSEプロ]
業績(1)Characterization of newly established bovine intestinal epithelial cell line.
(2)ウシ腸管上皮細胞株(BIE)のin vitroM細胞分化誘導系における最適条件の検討
(3)Peripheral serotonin enhances lipid metabolism byaccelerating bile acid turnover.
(4)Differentially expressed genes during bovine intramuscular adipocyte differentiationprofiled by serial analysis of gene expression.
(5)Myostatin down-regulates the IGF-2 expression via ALK-Smad signalingduring myogenesis in cattle.
(6)Possible role of TIEG1 as a feedbaclk regulator of myostatin and TGF-β in myoblasts.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030163964
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat