野菜の栽培過程におけるサルモネラ汚染低減化技術の開発

野菜の栽培過程におけるサルモネラ汚染低減化技術の開発

課題番号2010016643
研究機関名独立行政法人農研機構,国立大学法人九州大学
研究期間2008-2012
年度2010
小課題野菜の栽培過程におけるサルモネラ汚染低減化技術の開発
摘要サルモネラを混和した汚染土壌でレタスを栽培し、サルモネラのレタス植物体における動態を調べ、サルモネラがレタス組織内へに浸潤する可能性は低いことを明らかにした。また、汚染土壌でレタスを栽培する場合であっても、マルチを施すことで、可食部の汚染を軽減することが可能であることを見いだした。
予算区分委託・食の安全研究[リスク低減プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030164048
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat