カンピロバクター環境抵抗性の解析と腸管内定着阻止技術の検討

カンピロバクター環境抵抗性の解析と腸管内定着阻止技術の検討

課題番号2010016648
研究機関名独立行政法人農研機構
研究期間2008-2010
年度2010
小課題カンピロバクター環境抵抗性の解析と腸管内定着阻止技術の検討
摘要hldD遺伝子はC. jejuniの細胞壁の完全性を保つことで鶏腸管内での胆汁酸抵抗性に関与すると推察された。また、serA遺伝子及びhydB遺伝子が、C. jejuniの胆汁酸抵抗性に関与することが示唆された。
予算区分委託・食の安全研究[リスク低減プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030164053
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat