生活習慣病予防効果をもつ効率的な茶成分探索系の構築と評価

生活習慣病予防効果をもつ効率的な茶成分探索系の構築と評価

課題番号2010016720
研究機関名独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構,九州大学
研究期間2006-2010
年度2010
小課題生活習慣病予防効果をもつ効率的な茶成分探索系の構築と評価
摘要動脈硬化進行に関わる炎症反応を茶カテキンが抑制する機構を明らかにした。また、ヒト試験にて、メチル化カテキン高含有茶が血圧上昇抑制効果、動脈硬化予防効果を持つことを明らかにでき、当初の目標は達成した。
予算区分委託・食の安全研究[信頼性確保プロ]
業績(1)緑茶カテキンを感知するメカニズム
(2)TLR 4 signaling inhibitory pathway induced by green tea polyphenol epigallocatechin-3-gallate through 67-kDa laminin receptor
(3)Vitamin A enhances antitumor effect of a green tea polyphenol on melanoma by upregulating the polyphenol sensing molecule 67-kDa Laminin Receptor
(4)緑茶カテキンによる抗アレルギー作用と脂質ラフト
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030164124
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat