機能性・食事バランスデータベースシステムの開発

機能性・食事バランスデータベースシステムの開発

課題番号2010016727
研究機関名独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2010
小課題機能性・食事バランスデータベースシステムの開発
摘要健康の維持・増進を図る食生活の実現を支援するため,栄養成分・機能性成分に関するデータを収集・蓄積し,インターネットを通じてそれらの情報を利用者に提供するための,データベースシステムの構築を行った.開発システムは,個人やグループを対象として,人員構成(年齢,性別,活動レベル)に応じて,用意された献立の中から献立を選択することで,五訂増補日本食品標準成分表および食事摂取基準に基づいて,食事バランス情報(料理/1食/1日ごとの熱量・栄養成分摂取充足度)を提供するWeb上のポータルサイトである。
予算区分委託・食の安全研究[信頼性確保プロ]
業績(1)Changes in sugar and total oxalic acid contents in different sections of bamboo shoots harvested at different maturity
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030164131
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat