フィブロインを用いた軟骨再生用担体の開発

フィブロインを用いた軟骨再生用担体の開発

課題番号2010016745
研究機関名農業生物資源研究所,京都大学
研究期間2010-2014
年度2010
小課題フィブロインを用いた軟骨再生用担体の開発
摘要ウサギを用いた簡易 Patellofemoral Arthroplasty 臨床応用モデルにてパイロット実験を行った等
予算区分委託・先端技術[アグリ・ヘルス]
業績(1)細胞・組織供給用支持体,細胞・組織供給体及びその製造方法,組織再生方法並びに多孔質体の製造方法
(2)Effects of RGDS Sequence Genetically Interfused in the Silk Fibroin Light Chain Protein on Chondrocyte Adhesion and Cartilage Synthesis
(3)Measurement of Probe Angle for Ultrasound Evaluation of Articular Cartilage Using Rise-to-Peak Time
(4)Effect of RGDS-Expressing-Fibroin Dose on Initial Adhesive Force of a Single Chondrocyte Bio-Medical Materials and Engineering
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030164146
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat