養液栽培培地の極少量化技術による省力・軽労化および安定化技術の開発

養液栽培培地の極少量化技術による省力・軽労化および安定化技術の開発

課題番号2010016786
研究機関名国立大学法人 千葉大学,静岡大学
研究期間2010-2014
年度2010
小課題養液栽培培地の極少量化技術による省力・軽労化および安定化技術の開発
摘要低段密植栽培で周年安定して計画生産を行うために必要な課題の解決を目指すため、夏期の安定生産を目指した夜間冷房効果の検証、労働時間の短縮を目指した苗搬送ラックの試作とその活用、トマトの種子発芽率の向上を図るためのプライミング処理法について検討した。
予算区分委託・先端技術[アシストプロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030164185
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat