LED等の新光源を利用する施設主要花き病害の発病抑制技術の開発

LED等の新光源を利用する施設主要花き病害の発病抑制技術の開発

課題番号2010016857
研究機関名(独)農業・食品産業技術総合研究機構 花き研究所,兵庫県立農林水産技術総合センター
研究期間2009-2013
年度2010
小課題LED等の新光源を利用する施設主要花き病害の発病抑制技術の開発
摘要バラのうどんこ病など主要花き類の糸状菌類による空気伝染性病害について、LED光源等を用いて光照照射による防除技術の開発を目指し、主要花き類、キク、バラ、カーネーションに紫外光、緑色光を予防的に照射し、うどんこ病をはじめとする各種糸状菌病原菌(空気伝染性病害)の接種試験を行い、発病程度を調査した。その結果、バラうどんこ病、カーネーション斑点病、キク黒斑病については、紫外光の予防的照射により防除可能な病害と判断された。さらに、紫外光の照射量と発病抑制・障害発生の関係について検討し、効果的な照射光量を見出した。
予算区分委託・先端技術[光応答プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030164250
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat