LED等の新光源を利用する主要花き類の輸送・貯蔵技術の開発

LED等の新光源を利用する主要花き類の輸送・貯蔵技術の開発

課題番号2010016858
研究機関名(独)農業・食品産業技術総合研究機構 花き研究所,山形県
研究期間2009-2013
年度2010
小課題LED等の新光源を利用する主要花き類の輸送・貯蔵技術の開発
摘要主要切り花類の湿式輸送方式(バケット輸送)並びにセル成型苗の長期貯蔵に対応したLED等の新光源を利用した花き類の輸送、貯蔵技術の開発を目指し、バラ、トルコギキョウ、アルストロメリアの切り花及びトルコギキョウ、デルフィニウム、パンジー、ストックのセル苗を供試し、光質の異なる3波長型白色蛍光灯及び白色LEDの光照射による貯蔵期間延長効果を調査した。その結果、いずれの光照射区においても貯蔵中の発病株率が低くなり、貯蔵期間延長効果が高い傾向が認められた。さらに、貯蔵期間延長に対するUV−B照射効果が示唆された。
予算区分委託・先端技術[光応答プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030164251
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat